週刊2分でわかるNYダウNYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

年内まだ痛みあるとの見方、来年は

2020/04/27 10:12

「週間でマイナス」

一時マイナスになるなど不安定な原油先物相場を材料に株価は急落、その後に落ち着いたことで反発。アメリカの24日の株式市場は、ダウ工業株30種平均が1.1%高。S&P500種株価平均は1.4%上昇。そして、ナスダック総合株価指数が1.7%高で取引を終えました。

週間ベースではいずれの指数も下落しました。週前半の下げがきつかった。ダウは1.9%安。S&P500が1%下落。テクノロジー株のシェアが大きいナスダックは0.2%安。前週比で下落したのは4月に入って初めてでした。

歴史的な変動を記録した原油相場に加え、先週は新型コロナウイルスの治療薬に関するニュースが相場材料になりました。シリコンバレーの有力なバイオ薬企業であるギリアド・サイエンシーズが開発中の抗ウイルス薬「レミデシビル」の臨床実験が失敗したとフィナンシャル・タイムズが報じました。先に医療ニュースサイトのSTATが「シカゴ大学の治験で効果が確認された」と伝えており、期待が高まっていた中での報道に失望感が広がりました。

ジョージア州などアメリカの一部の州が経済活動の一部を再開させたことは好材料といえますが、新型コロナウイルスの感染者と死者数が増え続ける中での再開に逆に「大丈夫か」との警戒を呼ぶ結果になりました。一部再開から3日目の26日にジョージア州の感染者は1%増えました。

アメリカの株式市場の幅広い業種と銘柄の指数であるS&P500は先週末までに、最高値から16%安の水準まで戻しました。安値からの上昇率は29%。国家非常事態が宣言されてからの5週間で2600万人以上が新規に失業保険を申請したにもかかわらず、株式相場は堅調にみえます。

ただ、上昇したのは、アマゾンやネットフリックをはじめとするテクノロジー株、医療関連銘柄、日用消費財株など一部に限られています。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた自粛措置で影響を受けた自動車株、銀行株、小売り株、旅行関連株は安いままです。

「決算発表ピーク」

今週のアメリカの株式市場では、第1四半期(1~3月)の決算発表が相場に影響するとみられます。有名企業の決算発表が相次ぎます。

テクノロジーでは、グーグルの親会社アルファベット、半導体のAMD、フェイスブック、マイクロソフト、アマゾン、アップルが四半期決算を発表します。このほか、ダウ構成名銘柄のキャタピラーと3M。ペプシコ、クラフト・ハインツ、スターバックスなど。医薬品関連ではギリアド・サイエンシーズ、ファイザー、メルク。さらにはコングロマリットのGEが決算発表を予定しています。

CNBCの人気コメンテーターのジム・クレイマー氏は、「厳しい試練」の週になると予想しました。決算内容より業績見通しが材料になりそうです。

「次のパニック要因」

ウォール街関係者が週末に目を通すとされるバロンズ誌。最新号の表紙と巻頭記事は「株式市場で次にパニックを起こすもの」でした。

原油相場をにらんで株式相場が大きく振れましたが、どこかの市場が急変する可能性があること、州政府など地方政府の財政問題が浮上する可能性、ユーロ圏の混乱、新興国市場が荒れることなど、次のパニックを発生させる候補が多いとしています。

バロンズがアメリカの107人の資金運用者を対象にした最新の調査では、株式相場が年内に再び荒れると多くの回答者がみていることがわかりました。ただ、2021年の相場には強気だということも明らかになりました。最大のリスクは新型コロナウイルス、2番目はアメリカの景気後退、3番目はアメリカ経済の恐慌化でした。

強気(ブル)派は、年末のダウが2万4658ドル、2021年6月は2万7246ドルが予想中央値。一方、弱気(ベア)派は、年末のダウは1万9298ドル、2021年6月末が2万267ドルと予想しました。

今後12カ月で世界でも最もパフォーマンスが良いのはどこか。この質問に対しては、アメリカのS&P500が62%と最多。新興国は16%、中国(上海総合)が14%、ヨーロッパ(STOXX600)は5%でした。最低は日本の日経平均でわずか3%に留まりました。ちなみに、今後12カ月の米ドルに関しては、46%が下落すると予想、上昇するとの予想は28%でした。

[April 26, 2020 NY200]

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています。

筆者プロフィール

松島 新(まつしま あらた)

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。 ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。 平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。 現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

  • ※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • ※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • ※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。
  • ※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

タイトル一覧(月別)

topへ