週刊2分でわかるNYダウNYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

米株下落始まったばかり?

2020/03/02 09:32

「ダウ週間で12%下落」

株式相場の先週の下げは急速過ぎた。株式相場はまだ十分に下げていない。最新のバロンズは、両方の見方が正しい可能性があると解説しました。

ダウ工業株30種平均は前週比3583ドル05セント(12%)安の2万5409ドル36セントで先週1週間の取引を終えました。つい最近まで3万ドル乗せが期待されたことが嘘のような展開。S&P500種株価平均は11%安の2954.22と節目の3000を割りました。ナスダック総合株価指数は11%安い8567.37で引けました。

3つの主要な株価指数は金融危機の2008年10月以降で最大の下げを記録しました。S&P500はわずか7日間で4カ月分の上げ幅を消した計算になります。

新型コロナウイルスはアジアに集中したものだと投資家は楽観していました。しかし、イランなどの中東、イタリアを中心にヨーロッパで感染者は急増。アメリカ国内で感染経路が不明の患者が確認されたことで楽観論は悲観論へと変わりました。恐怖指数であるVIXは一時40%超上昇する局面がありました。

バロンズによりますと、SARSが流行した2003年にS&P500は15%下落しました。感染拡大が始まった6カ月後に反発しました。

COVID-19と名付けられた新型コロナウイルスの影響はSARSより大きく、2001年9月11日の同時多発テロを参考にすべきとの指摘もあります。「9.11」の際は、連邦準備理事会(FRB)が政策金利を引き下げことで株安が止まりました。

FRBのパウエル議長は2月28日、利下げに動く可能性を示唆しました。ただ、3月、6月、9月の年内3回の利下げを相場が織り込んでいたこともあり、市場の反応は限定的でした。米10年債利回りは1.1%台に低下、過去最低水準を大幅に更新しました。

債券市場はアメリカの景気後退リスクを意識したとされています。株式相場は一時的に反発する可能性があるものの、アメリカ経済がリセッション(景気後退)入りする可能性が高まれば、長期的な株安トレンドが始まるかもしれないとバロンズは解説しました。

「ISM製造業指数」

今週の株式市場では、相場が当面の底を打つかを探る展開になるとみられています。2日に発表されるサプライマネージメント協会(ISM)の製造業景況指数が新型コロナウイルスの初期段階の影響を反映した指標として注目されています。4日にFRBが公表する地区連銀経済報告(ベージュブック)も注目を集めそう。6日には2月の雇用統計が発表されます。

決算は3日発表予定の小売大手ターゲット、コールズ、ノードストロームが注目。新型コロナウイルスの影響が見通しにどう影響するか。5日にはスーパーマーケット大手のクロガーが決算発表を予定しています。

週末にアメリカのワシントン州で50代後半の男性が死亡しました。新型コロナウイルスの感染によるアメリカで初の死者。ロードアイランド州で初の感染者。イタリアでは24時間で感染者数が40%増加、新たに死者が5人出ました。フランスでも感染拡大が報告されています。押し目買いを狙う投資家の心理を冷やした可能性があります。

「スーパーチューズデー」
2月29日にサウスカロライナ州で行われた民主党予備選でバイデン前副大統領が大勝しました。州の人口の約半分を占める黒人の高い支持がバイデン氏を勝利に導きました。ただ、アイオワ、ニューハンプシャー、ネバダの3州ではバイデン氏は大敗、社会主義寄りのサンダース上院議員が多くの代議員を獲得しました。

今週3日、大票田のカリフォルニア、代議員数が次いで多いテキサスなど14の州の予備選が集中します。いわゆる「スーパーチューズデー」。新型コロナウイルスの感染拡大も影響しサンダース氏が主張する国民皆保険制度が再注目されています。テレビ広告に巨額を投じたブルームバーグ氏が遅れて参戦します。4戦目で初めて勝利したバイデン氏が勢いを保つか。若者層に高く支持されるサンダース氏がカリフォルニア州で勝利し飛躍するか。ブルームバーグ氏が支持されるか。スーパーチューズデーの結果をウォール街は注視しています。仮にサンダース氏がスーパーチューズ―を制した場合は、株式市場にネガティブに影響する可能性が指摘されています。

[March 01, 2020 NY192]

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています。

筆者プロフィール

松島 新(まつしま あらた)

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。 ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。 平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。 現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

  • ※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • ※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • ※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。
  • ※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

タイトル一覧(月別)
topへ