週刊2分でわかるNYダウNYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

ウォール街が身構える重要週

2019/12/09 11:37

「週間ベースでダウ下げる」

アメリカの11月の雇用統計は、非農業部門の就業者数が26万6000人増えました。18万人前後の予想を大幅に上振れ。失業率は3.5%に低下し、労働市場の強さを示しました。

前月分まで弱い統計が続いていたこともあり、アメリカの株式市場は敏感に反応しました。ダウ工業株30種平均は337ドル、率にして1.22%上昇しました。ダウ指数構成銘柄では、景気に敏感な化学大手の3Mが4.3%高。同様に景気に左右される航空機製造のボーイングと化学会社ダウはそれぞれ2%超上昇。金利に敏感なゴールドマン・サックスが3.4%上昇したのも目立ちました。ダウを構成する30社で下落したのは3社のみ。9割が上昇した計算です。ほぼ全面高と言えます。

ただ、ダウは週間ベースでは小幅ながら下落しました。アメリカの製造業の弱い指標と米中貿易協議の不透明感が影響しました。前週比で36.35ポイント(0.1%)安で12月第1週の取引を終えました。ナスダック総合株価指数も週間ベースで0.1%下落しました。一方、S&P500種株式指数は0.2%高の3145.91で引けました。全体的にまちまちでした。

「12月15日」

アメリカも株式市場が今週、重要局面を迎えます。当面の株式相場の方向を決める週になる可能性があり、市場関係者が身構えています。

ウォール街が最も注視するのはアメリカと中国の貿易交渉の行方。米中交渉について「非常に順調にいっている」とトランプ大統領が述べていますが、米中は農産物購入をめぐり依然対立、「フェーズ1(第1段階)」の合意が来年にずれ込む可能性があるとの報道もあります。

トランプ政権は約1600億ドル相当の中国からの輸入品に12月15日付けで追加関税を導入する計画です。アメリカの年末商戦を考慮し、発動が延期された分ですが、新たな関税対象となるのはスマートフォンをはじめ消費者向け製品がほとんど。発動されれば、景気悪化懸念が強まることが予想されます。

12月15日の関税の発動が延期されるというのがウォール街のメインシナリオです。トランプ政権が「理由を探して延期する」と幅広く予想されています。ただ、トランプ大統領を予測するのは不可能。米中交渉の動きと観測が今週の株式相場を動かしそうです。

今週のもう1つの大きな材料は連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策を決める会合(FOMC)。10日と11日の2日間の日程。FRBは前回まで3会合連続で0.25%ずつ、合計で0.75%の利下げを決めました。前回会合の声明とパウエル議長の記者会見で利下げを今後休止することを示唆しています。

雇用統計が非常に強かったこともあり、今回の会合で政策金利を据え置くことが確実視されています。FOMCの結果がでる11日に消費者物価指数(CPI)が発表されますが、よほど大きな動きがない限り、反応は限定的とみられます。今回のFOMCでは、年末を控えた短期金融市場のオペの方針が注目されています。

アメリカの経済指標では、CPIのほか、13日発表の小売売上高が材料になる可能性があります。年末商戦の時期で、小売りに対する注目度が高いです。

12日のイギリス総選挙と欧州中央銀行(ECB)理事会の2つの海外イベントも投資家心理に影響することが予想されます。

「時価総額が最大」

サウジアラビア国営石油会社のサウジアラムコが、サウジ国内の証券取引所で月内に新規株式公開(IPO)を予定しています。売り出し価格は1株32リヤル(約930円)と発表されました。調達する資金は米ドルに換算すると256億ドル。円換算では約2兆8000億円と、2014年に中国のアリババグループがアメリカで調達した額を上回る過去最高です。

時価総額は巨大になる見込み。1兆7000億ドルと、世界最大を競っているアメリカのアップルとマイクロソフトを抜き断トツの世界最大になります。

記録づくしで「すごい」ように思えますが、時価総額は当初の想定を下回っています。アメリカを含め海外市場での上場のめどが立っていません。ムハンマド皇太子が威信をかけてIPO成功に動くと予想されますが、ウォール街がどう評価するか、原油相場にどう影響するか注目が集まっています。

[December 08, 2019 NY181]

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています。

筆者プロフィール

松島 新(まつしま あらた)

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。 ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。 平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。 現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

  • ※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • ※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • ※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。
  • ※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

タイトル一覧(月別)
topへ