週刊2分でわかるNYダウNYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

こう着相場、貿易戦争と決算

2018/07/23 09:46

「動かない相場」

ニューヨーク株式相場がこう着しています。米中、米EUの貿易をめぐる摩擦に対する懸念。アメリカの主要企業の強い決算が綱引きをする展開と指摘されています。

ダウは先週1週間で38ポイント、率にして0.15%上昇しました。S&P500は週間ベースで0.02%高。ナスダックは0.07%上昇しただけでした。ほぼ横ばい。

S&P500に採用されている企業の75社が先週末までに四半期決算を発表しました。そのうち71社がアナリストの予想を上回りました。バロンズによりますと、予想を上回る決算が発表されるごとに個別の株価が平均0.9%上昇しました。前の四半期では、世界的な景気減速への懸念が強まる中、強い決算は「売りの機会」とされました。いまの決算シーズンと対照的でした。

貿易戦争への懸念はあるものの、株価は決算に素直に反応するか。今週の展開を見極める必要がありそうです。

 

「本格化する決算」

有力企業の決戦発表が今週、本格化します。

月曜日は、グーグルの親会社のアルファベットと玩具大手のハズブロ。火曜日は、3M、AT&T、ハーレー・ダビッドソン、製紙大手キンバリークラーク、ロッキード・マーティン、テキサスインスツルメント、通信大手ベライゾンなどが四半期決算を発表します。「トランプ関税」の影響で海外での一部生産を決めたハーレー・ダビッドソンのアナリスト向け説明が注目です。

水曜日も続きます。ボーイング、コカコーラ、フェイスブック、フォード、フィアットクライスラー、GM、マテルなどが決算を発表予定。健康上の理由で、マルキオンネCEOの突然の退任を発表したフィアットクライスラーの後任人事が注目を集めそうです。

そして、木曜日はアマゾン、アメリカン航空、コムキャスト、マクドナルド、スターバッックス。金曜日は、エクソンモービル、メルク、ツイッター、フォックスなどが決算発表を予定しています。

25日水曜日に予定されているトランプ大統領とEUのユンケル委員長の会談が相場に影響する可能性があります。通商問題が主な議題ですが、輸入車に対する関税をめぐる会談の行方が焦点です。

経済指標では、27日発表のアメリカの第2四半期のGDPが材料になりそう。第1四半期は2%増でしたが、第2四半期は4%増に成長が加速するというのがコンセンサス予想です。

 

「北朝鮮問題」

北朝鮮問題への関心が今週、高まる可能性があります。ワシントンポストが週末、進展の遅さにトランプ大統領がイラついていると大きく報じました。

先月12日のシンガポールでの金正恩委員長との会談の後、トランプ大統領は「北朝鮮の核はもはや脅威でない」と宣言、首脳会談の成果を誇りました。

しかし、その後の米朝協議で進展はありません。ワシントンポストによりますと、首脳会議の合意内容を詰める協議を北朝鮮がキャンセル、最低限のコミュニケーションすら上手くできていないと外交筋が話しています。

北朝鮮が核実験施設を破壊したと発表したにもかかわらず、逆に増強しているとの分析も複数あります。

トランプ大統領は毎日、北朝鮮情勢のブリーフィングを受け、進展のなさにフラストレーションを溜めています。公式には、北朝鮮への期待感を表明していますが、非公式には不満を募らせているようです。ワシントンポストの報道で、トランプ大統領が態度を変えるか。強硬姿勢に転じる場合、株式相場にネガティブに影響する可能性があります。

 

[July 23, 2018 NY 110] 

 

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています。

筆者プロフィール

松島 新(まつしま あらた)

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。 ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。 平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。 現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

  • ※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • ※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • ※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。
  • ※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

タイトル一覧(月別)