週刊2分でわかるNYダウNYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

大物ファンドマネージャーの警告

2017/04/24 08:45

「反発」

予測困難なフランス大統領選、朝鮮半島の緊張など。地政学リスクへの懸念が強いにもかかわらず、先週のニューヨーク株式相場は上昇しました。

ダウは週間ベースで0.46%高。S&P500は0.85%上昇、ナスダックは1.82%高で取引を終えました。ナスダックは木曜日に最高値を更新しました。

ダウの上昇率が小幅だったのは、構成銘柄のうち、決算が弱かったゴールドマン・サックスとジョンソン・エンド・ジョンソンが軟調だったからです。

株価を支えたのは企業決算でした。一部の企業を除き、強い決算の発表が相次ぎました。トランプ大統領も株価を支えました。アメリカの鉄鋼業界に恩恵となる大統領令に署名。これとは別に、税制と金融の規制緩和を目指し、規制を見直すことを命じる大統領令にも署名しました。

「税制改革案に注目」

今週前半は、フランスの大統領選の第1回投票の結果が相場に大きく影響するとみられています。北朝鮮軍の創設記念日を控えていることもあり、地政学リスクを背景に投資家が慎重になる可能性があります。

今週最大の注目は、26日に予定されているトランプ政権による税制改革案です。法人税と個人所得税の減税がどれくらいになるのか。再開する議会の反応も相場に影響しそうです。

今週は、企業決算も目白押しです。月曜日の製紙大手キンバリー・クラークと玩具大手ハズブロ。火曜日のコカコーラ、デュポン、マクドナルド、そして3M、水曜日のボーイングやツイッターなど。さらに、木曜日は、グーグルの親会社アルファベット、マイクロソフト、アマゾンなどテクノロジー企業の大手が決算を発表します。金曜日は、エクソン・モービル、シェブロンの石油大手、そしてGMが決算発表します。個別だけでなく、全体の投資家心理に影響する可能性があります。

「ポール・チューダー・ジョーンズ」

ウォール街で先週、ポール・チューダー・ジョーンズ氏の発言が話題になりました。

ビリオネアで、マクロのヘッジファンドマネージャー、ポール・チューダー・ジョーンズ氏が、ゴールドマン・サックス・アセット・マネージメントが主催したイベントで、アメリカの株価が高くなりすぎたと警告しました。FRBのイエレン議長が怯えているのではないかとしています。

トランプ大統領の経済政策への期待で上昇したニューヨーク株式相場をめぐっては、「説明できない水準まで上がった」との見方がこれまでもありました。今回は、伝説のファンドマネージャーの発言だけに、注目が集まりました。

ブルームバーグによりますと、グッゲンハイム・パートナーズのストラテジストとブラックロックの投資責任者も、「大幅な株価調整がある」と予想しました。

株価に悲観的な見方はまだ一部にとどまっています。ただ、S&P500の平均株価収益率が22倍と、歴史的な高水準に達していることもあり、不安が広がりつつあります。


[April 24, 2017 NY 046] 

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています。

筆者プロフィール

松島 新(まつしま あらた)

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。 ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。 平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。 現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

  • ※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • ※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • ※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。
  • ※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

タイトル一覧(月別)