週刊2分でわかるNYダウNYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

遅れて上昇した小型株

2019/09/17 09:41

「ダウ9日ぶりに下落」

週明け16日のニューヨーク株式相場は下落しました。ダウは142.70ポイント(0.52%)安。9営業日ぶりに下げました。サウジアラビアの重要な石油施設がドローンで攻撃され、世界の原油供給の約5%が失われました。原油価格が急騰、世界経済を圧迫するとの懸念が強まりました。投資家心理が悪化し、恐怖指数であるVIXが大幅に上昇しました。

S&P500は0.31%安。テクノロジー株の寄与度が高いナスダックは0.28%下げました。ただ、小型株の指数であるラッセル2000は0.41%上昇しました。小型株を見直す先週の地合いが週明けも続きました。

「目立つラッセル2000の上昇」

米中貿易協議の進展期待で上昇した先週のニューヨーク株式相場。週後半に勢いがなくなりました。ダウの先週1週間の上昇率は1.6%。S&P500は1%、ナスダックは0.9%の上昇にとどまりました。

しかしラッセル2000は4.9%と目立って上昇。ウォール街の注目を集めました。小型株の指数。時価総額が大きい大型株の指数であるダウ。幅広い業種、銘柄の指数ながら、時価総額が大きい銘柄の影響を受けるS&P500。アップルをはじめ主力のテクノロジー企業の寄与度が高いナスダック。3つの主要な株価指数が最高値に迫ったことで、高値警戒感が強まりました。

一方、ラッセル2000は最高値からまだ10%程度低い水準。出遅れ感が強かったことが先週の大幅高につながったとみられます。

「方向決めるFRB見通し」

今週のニューヨーク株式市場の材料で最も注目をあつめるのはFRBの会合です。17日と18日の2日間にわたりワシントンのFRB本部で金融政策を決める会合(FOMC)を開きます。

市場では、FRBが0.25%の利下げを決めると幅広く予想されています。前回7月の政策金利の引き下げをめぐっては、アメリカ経済が利下げするほど弱っていないとして、メンバー2人が据え置きを主張しました。今回の決定では利下げ反対票がさらに増える可能性が指摘されています。予想通り0.25%利下げが決まった場合、全会一致もしくは反対票が少なければ株式市場は好感し、2人以上が反対した場合は株式相場が下げる可能性があるとみられています。

18日の会合終了後のパウエル議長の記者会見も相場に影響する可能性があります。利下げサイクルに入ったのか、前回同様に「調整」として追加利下げに慎重な姿勢を示すのか。見通しを示すフォワードガイダンスも注目されています。

FRBの会合の結果が出るまでは様子見。結果発表後はFRBの将来の金融政策をめぐる観測が株式相場の方向を決める可能性がありそうです。週末のサウジ攻撃、それを受けた原油急騰でFRBの判断がさらに難しくなったとの指摘もあります。

「原油高は続くか」

ロイターによりますと、ゴールドマン・サックスのアナリストは、サウジアラビアの石油施設の稼働停止期間が数週間を超える場合、現在68ドルのロンドンの北海ブレント相場が75ドルを超えると予想しました。

また、アゲイン・キャピタルのアナリストはCNBCに対し、サウジアラビアもしくはアメリカがイランを軍事攻撃した場合は、北海ブレントが100ドルまで達するとの見通しを示しました。トランプ大統領は、サウジ攻撃への対応を急がないとしていますが、検証結果次第では臨戦態勢をとるとも語っています。

一方、JPモルガンのアナリストは、ニューヨークの原油先物(WTI)が1バレル=80~85ドルまで上昇しない限り、株価への影響は限定的との見方をCNBCに示しました。WTIは16日の取引の終値は62ドル90セントでした。

今週はニューヨークの本部で開かれる国連総会の場での外交が盛んになります。サウジアラビアの石油施設攻撃をめぐる問題が重要な外交テーマに浮上しました。トランプ大統領は先週までイランのロウハニ大統領との会談に意欲をみせていましたが、状況が大きく変わりました。アメリカ政府は攻撃の責任がイランにあると名指しで非難しています。

ニューヨーク外交の結果、それを受けた原油相場の動きが目先の株式相場に影響する可能性があります。

[September 16, 2019 NY169]

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています。

筆者プロフィール

松島 新(まつしま あらた)

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。 ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。 平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。 現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

  • ※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • ※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • ※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。
  • ※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

タイトル一覧(月別)