(AM) トルコは利上げ、メキシコは利下げを決定

2020/09/25 09:28

デイリーフラッシュ

【ポイント】
・TCMB(トルコ中銀)は利上げ(2.00%)を決定。利上げしたことでリラはいったん下げ止まるかも
・一方でトルコの実質金利は依然としてマイナス。今回の利上げだけでは不十分との見方が浮上する可能性あり
・BOM(メキシコ中銀)は0.25%の利下げを決定。利下げは今回で休止の可能性も!?

(欧米市場レビュー)

24日の欧米時間の外為市場では、米ドルが軟調に推移。一時、ユーロ/米ドルは1.16839米ドル、ユーロ/円は123.115円、豪ドル/米ドルは0.70684米ドル、豪ドル/円は74.472円へと上昇する一方、米ドル/円は105.400円近辺での“もみ合い”となりました。NYダウが底堅く推移するなか、リスク回避の動きが後退し、米ドルや円の重石となりました。

トルコリラは反発。リラ/円は一時13.880円へと上昇しました。TCMB(トルコ中銀)は2.00%の利上げを決定。市場は据え置きを予想していたため、利上げはサプライズとなりました。

BOM(メキシコ中銀)は0.25%の利下げを決定したものの、メキシコペソに大きな反応はみられませんでした。

(本日の相場見通し)


TCMB(トルコ中銀)は24日、2.00%の利上げを決定。主要政策金利である1週間物レポ金利を8.25%から10.25%へと引き上げました。利上げは2018年9月以来、2年ぶりです。

声明では、「急速な景気回復と金融市場の動向(=トルコリラ安)の結果、インフレが想定以上に上昇した」と指摘。利上げの理由を「インフレ期待やインフレ見通しへのリスクを抑制し、ディスインフレのプロセスに再び戻すため」と説明しました。

  ---
足もとのトルコリラ安に対し、TCMBはこれまで「流動性措置(流動性を絞ることによって市場金利を引き上げる)」によって対応。一方、市場は「リラ安に歯止めをかけるためには、流動性措置では不十分であり、利上げ(1週間物レポ金利の引き上げ)が必要」と考えていたものの、エルドアン大統領の圧力によって利上げは困難だとみられていました。

今回、TCMBが利上げに踏み切ったことは、リラにとってプラス材料と考えられます。インフレ抑制やリラの防衛に向けたTCMBの決意を示したほか、TCMBの独立性をめぐる懸念が市場で後退する可能性があるからです。リラはいったん下げ止まるかもしれません。

一方で、トルコの実質金利(政策金利から前年比のCPI上昇率を引いたもの)のマイナス幅は利上げによって縮小(3.52%→1.52%)したものの、マイナスである状態に変わりはありません。CPI(消費者物価指数)上昇率は、これまでのリラ安の影響によって今後一段と加速することも考えられます。TCMBは今後、さらなる利上げが必要になる可能性があります。

***

BOM(メキシコ中銀)は24日、0.25%の利上げを決定。政策金利を4.50%から4.25%へ引き下げました。利下げは2019年8月以降、11会合連続。5人の政策メンバー全員一致で0.25%の利下げが決定されました。

声明では、「6月と7月に景気は回復し始めたが、不確実性や下振れリスクがある」と利下げの理由を説明。0.25%利下げするとの決定は、「政策を動かす余地(=利下げ余地)が狭いとのインフレ見通しに基づいたもの」としました。

金融政策の先行きに関しては、「今後入手する情報に基づいて、新型コロナウイルスの流行による生産性への影響や現在直面している金融ショックの展開を考慮し、必要な措置を講じる」としました。

  ---
BOMは8月の前回会合まで5回連続で0.50%の利下げを行ってきたものの、利下げ幅は今回0.25%へと縮小。0.25%利下げするという決定は全会一致で下されました。また、メキシコの8月CPI(消費者物価指数)は前年比4.05%と、BOMのインフレ目標(3%。その上下1%が許容レンジ)を上回っています。新型コロナウイルスがメキシコ景気に与える影響にもよりますが、利下げは今回で休止される可能性があります。「利下げ休止観測」が今後市場で高まる可能性があり、その場合にはメキシコペソにとってプラス材料になりそうです。

執筆者プロフィール
八代 和也(やしろ かずや)
シニアアナリスト
2001年ひまわり証券入社後、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年、マネースクウェア・ジャパン(現マネースクエア)に入社。豪ドル、NZドル、カナダドル、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソを中心に分析し、レポート執筆のほか、M2TV出演、セミナー講師を務めている。
【プロフィール】広島県出身。
【趣味】野球・サッカー観戦。
【一言】より分かりやすくタイムリーなレポートを心掛けています。


topへ