(AM) メキシコ中銀は0.50%の利下げ決定

2020/08/14 09:23

デイリーフラッシュ

【ポイント】
・BOM(メキシコ中銀)の会合では5人のメンバーのうち、1人がより小幅な0.25%の利下げを主張
・BOMの声明は、「利下げ余地は、インフレとインフレ期待に影響を与える要因の変化次第だ」と強調
・BOMの利下げペースは今後鈍化する可能性あり

(欧米市場レビュー)

13日欧米時間の外為市場では、ユーロが堅調に推移。一時、ユーロ/米ドルは1.18605米ドル、ユーロ/円は126.709円へと上昇しました。米政府が12日、「エアバス製航空機と他の欧州製品に対する関税(それぞれ15%、25%)を維持する」発表。対EU関税の引き上げが見送られたことが、ユーロの支援材料となりました。

BOM(メキシコ中銀)は政策金利を5.00%から4.50%に引き下げることを決定。メキシコペソは会合前に強含んでいましたが、会合の結果に対して大きな反応はみられませんでした。

(本日の相場見通し)

本日(14日)、米国の7月小売売上高7月鉱工業生産8月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)が発表されます。結果発表時間はそれぞれ、日本時間21:30、22:15、23:00です。

市場予想は以下の通り。
・小売売上高(前月比):1.9%
・鉱工業生産(前月比):3.0%
・ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:72.0

米国の新型コロナウイルス追加経済対策への期待などから、市場では米景気をめぐる懸念が足もとで後退しています。本日発表される経済指標がおおむね堅調な結果になれば、景気への懸念は一段と後退しそうです。リスク回避の動きが後退して円や米ドルが弱含み、ユーロ/米ドルや豪ドル/米ドル、クロス円は上値を試す可能性があります。

***

BOM(メキシコ中銀)は13日、0.50%の利下げを決定。政策金利を5.00%から4.50%に引き下げました。利下げは10会合連続です。0.50%の利下げは4対1の賛成多数。決定に反対した1人は0.25%の利下げを主張しました。

声明は、メキシコ経済について「スラック(需給の緩み)は(今後)拡大するとみられ、下振れリスクは大きい」と指摘。インフレに関しては「最近のインフレ率やコアインフレ率の上昇は短期的に見通しに影響を与えるだろう」としつつも、「いずれも12-24カ月以内には(BOMの目標の)3%近辺で推移する」との見通しを示しました。

今後の金融政策については「可能な政策余地(=利下げ余地)はインフレとインフレ期待に影響を与える要因の変化次第だ」と強調。要因には、新型コロナウイルスのパンデミックによる影響も含まれるとしました。

---

メキシコの4-6月期GDP(国内総生産)成長率は、前期比マイナス17.3%。2020年(年間)の成長率については、BOMはマイナス4.6%~マイナス8.8%と予想し、またIMF(国際通貨基金)はマイナス10.5%との見通しを示しています。

景気が大きく落ち込む一方で、原油価格の上昇などを要因に、インフレ率が高まっています。メキシコの7月CPI(消費者物価指数)上昇率は前年比3.62%と、BOMの目標である3%を上回りました(許容レンジである2-4%には収まっています)。足もとの原油価格の上昇を考えると、CPI上昇率は今後高止まりする、あるいは許容レンジ上限の4%に近づく可能性があります。BOMは景気だけでなく、インフレにも警戒し始めるかもしれません。

会合では1人がより小幅な0.25%の利下げを主張し(前回6月は全会一致で0.50%の利下げ)、また「利下げ余地は、インフレとインフレ期待に影響を与える要因の変化次第だ」とされました。これらは、BOMの利下げペースが今後鈍化する可能性を示していると言えそうです。

8月25日に8月前半のCPI、9月9日に8月(月間)のCPIが発表されます。それらでインフレ圧力の高まりが示唆されれば、市場ではBOMの利下げペースの鈍化観測が高まり、さらには利下げ休止観測も浮上するかもしれません。それらの観測が高まることは、メキシコペソにとってプラス材料と考えられます。BOMの次回政策会合は9月24日です。

BOM政策金利とメキシコCPI上昇率

※3%がBOMのインフレ目標。2-4%が許容レンジ
(出所:リフィニティブより作成)

執筆者プロフィール
八代 和也(やしろ かずや)
シニアアナリスト
2001年ひまわり証券入社後、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年、マネースクウェア・ジャパン(現マネースクエア)に入社。豪ドル、NZドル、カナダドル、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソを中心に分析し、レポート執筆のほか、M2TV出演、セミナー講師を務めている。
【プロフィール】広島県出身。
【趣味】野球・サッカー観戦。
【一言】より分かりやすくタイムリーなレポートを心掛けています。


topへ