(PM)29日にBOCが政策委金利を発表。カナダドルに影響!?

2019/05/28 13:15

デイリーフラッシュ

【ポイント】
・BOC(カナダ中銀)は29日の会合で政策金利を据え置くとみられる
・声明における金融政策に関する文言は、前回から大きな変化なしか
・市場ではBOCの次の一手は“利上げと利下げ”で見方が分かれる。声明が後者の観測を強める内容になれば、カナダドルは下落しそう

BOC(カナダ銀行、中銀)が29日に政策金利を発表します(日本時間23:00)。

政策金利は現行の1.75%に据え置かれるとみられ、市場の関心は声明の内容へと向いています。

声明では、“金融政策に関する文言”が最大の焦点になりそうです。前回4月24日の会合時は、「緩和的な政策金利が引き続き正当化されると判断した。最新のデータに基づき、金融政策の適切な緩和の度合いを引き続き評価していく」と表明。それまで言及してきた“将来の利上げ”に関する文言を削除し、利上げバイアスを撤回しました。

金融政策に関する文言は、前回から大きな変化はなさそうです。世界景気の減速や米中貿易摩擦は一段と激化する可能性がある一方、カナダの4月雇用者数が大幅に増加したためです。雇用者数は前月比10.65万人増と、過去最大の伸びを記録。フルタイム雇用者とパートタイム雇用者のいずれも増加(それぞれ7.3万人増、3.36万人増)しました。

市場では、BOCの政策金利は年内据え置かれるとの見方が有力。一方、次の一手に関する見方は “利上げと利下げ”で分かれています。声明が利下げ観測を強める内容になればカナダドルに対して下落圧力が加わり、カナダドル/円80.910円(5/15安値)へと下がる可能性があります。


(出所:リフィニティブより作成)

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【マーケットView】

マーケットViewは、毎日16時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【トラリピ1クリック】
トラリピを1クリックでカンタン発注!

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【キャンペーンのご案内】