RBNZ副総裁が利下げの可能性に言及し、NZドルが下落

2019/02/22 16:35

デイリーフラッシュ

【ポイント】
・ RBNZが自己資本要件(銀行に求める自己資本)の引き上げを提案
・その場合、借入コストが上昇して金融環境が引き締まる可能性も
・RBNZ(NZ中銀)副総裁は「金融環境の引き締まりがインフレ鈍化や雇用の伸び減速につながる場合、RBNZは利下げを検討する可能性がある」と発言
・市場ではRBNZの利下げ観測が再び高まる可能性もあり


[レビュー]

22日東京時間の外国為替市場では、NZドルが軟調に推移。一時、NZドル/米ドルは0.6759米ドル、NZドル/円は74.84円へと下落しました。RBNZ(NZ準備銀行、中銀)による自己資本要件(銀行に求める自己資本)引き上げの提案やRBNZ副総裁の発言(後述)が、NZドルの下落材料になりました。

[これからの展開]

RBNZが提案したのは、5年間で4大銀行の自己資本要件を12%から16%へ、その他の銀行の自己資本要件を現在の平均14%から15%へと引き上げる、などです。

自己資本要件が引き上げられれば、銀行は新たに資金調達が必要になることも考えられ、借入コストが上昇する可能性があります。RBNZは、4大銀行が約200億NZドル、他の小規模銀行は約9億NZドルの資金を新たに調達しなければならない可能性があるとしています。

借入コストの上昇は景気に悪影響を与えかねません。また、RBNZは自己資本要件の引き上げが最終的に利下げへとつながる可能性もあると見ているようです。バスキャンド副総裁は、「資金調達による金融環境の引き締まりがインフレ鈍化や雇用の伸び減速につながる場合、RBNZは利下げを検討する可能性がある」と語りました。

足もとのNZドル上昇は、RBNZの利下げ観測後退が一因でした。バスキャンド副総裁の発言によって、市場では利下げ観測が再び高まるかもしれません。その場合、NZドルの上値は重くなる可能性があります。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【マーケットView】

マーケットViewは、毎日16時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【トラリピ1クリック】
トラリピを1クリックでカンタン発注!

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【キャンペーンのご案内】

FX新規口座開設キャンペーン

M2JFX口座をお持ちのお客様はこちら

= = = = = = = = = = = = = = = = =

お友達紹介プログラム

= = = = = = = = = = = = = = = = =

LINE@友だち登録キャンペーン