RBA総裁の発言を受けて豪ドルが急落

2019/02/06 13:27

デイリーフラッシュ

【ポイント】
・RBA(豪中銀)が金融政策スタンスを変更。総裁は利下げの可能性にも言及
・RBAの年内利下げ観測は一段と高まりそう
・豪ドルには下落圧力が加わりやすいとみられる


[レビュー]

6日東京時間の外国為替市場では、豪ドルが急落。一時、豪ドル/米ドルは0.7155米ドル、豪ドル/円は78.56円へと値を下げました。ロウRBA(豪準備銀行、中銀)総裁の発言(後述)を受けて、豪ドルに下落圧力が加わりました。

[これからの展開]

ロウRBA総裁は本日(6日)、シドニーで講演。「次の政策変更は、利上げと利下げのいずれもあり得る」と述べ、「失業率の上昇が持続し、インフレ率が目標に近づかなければ、ある時点で利下げが適切になる可能性もある」と語りました。

ロウ総裁らRBA当局者はこれまで、金融政策の次の一手は“利下げよりも利上げの可能性が高い”との見方を示していました。

ロウ総裁の本日の発言は、RBAの金融政策スタンスが“ややタカ派的”から“中立”へとシフトしたことを示唆します。

市場では、RBAが年内に利下げを行うとの観測がありました。RBAが金融政策スタンスを中立へとシフトしたことで、利下げ観測は一段と高まるとみられます。豪ドルには下落圧力が加わりやすいと考えられ、目先、豪ドル/米ドル0.7076米ドル(1/25安値)、豪ドル/円77.50円(1/25安値)に向けて下がる可能性があります。

8日に公表される金融政策報告で、RBAの金融政策スタンスのシフトが再確認されれば、豪ドルへの下落圧力はさらに強まるかもしれません。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【マーケットView】

マーケットViewは、毎日16時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【トラリピ1クリック】
トラリピを1クリックでカンタン発注!

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【キャンペーンのご案内】

FX新規口座開設キャンペーン

M2JFX口座をお持ちのお客様はこちら

= = = = = = = = = = = = = = = = =

お友達紹介プログラム

= = = = = = = = = = = = = = = = =

LINE@友だち登録キャンペーン