豪ドルは5日のRBA政策会合に注目!!

2019/02/04 13:55

デイリーフラッシュ

【ポイント】
・RBA(豪中銀)は政策金利を据え置くとみられる
・次の一手は利上げの可能性が高いとのRBAの見方に変化はあるか

[レビュー]

4日東京時間の外国為替市場では、豪ドルが弱含み。一時、豪ドル/米ドルは0.7225米ドル、豪ドル/円は79.16円へと下落しました。豪州の2018年12月住宅建設許可件数が前月比-8.4%、前年比-22.5%と、市場予想の+2.0%、-10.9%を下回り、豪ドルの下落材料となりました。

[これからの展開]

RBA(豪準備銀行、中銀)が明日5日、政策金利を発表します(日本時間午後0時30分)。

RBAは金融政策の現状維持を当面続けることを示唆しており、政策金利は現行の1.50%に据え置かれそうです。その通りの結果になれば、市場の関心は声明の内容へと移ります。

声明では、RBAの金融政策スタンスが変化するのかが焦点になりそうです。RBA当局者は堅調な労働市場を背景に、金融政策の次の一手は利下げよりも利上げの可能性が高いとの見方を示してきました。一方、市場は住宅価格の下落を背景に、年内に利下げを行うとの観測があり、RBAと市場で見方が異なっています。

5日の声明については、RBAは豪州の経済成長率見通しを下方修正するとみられます。ただ、先行きについては引き続き楽観的な見方を示し、次の一手は利上げの可能性が高いことを改めて示唆しそうです。その通りになれば、豪ドルは上昇する可能性があります。

一方、声明で次の一手が利下げの可能性もあることが示唆されれば、豪ドルには下落圧力が加わりそうです。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【マーケットView】

マーケットViewは、毎日16時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【トラリピ1クリック】
トラリピを1クリックでカンタン発注!

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【キャンペーンのご案内】

FX新規口座開設キャンペーン

M2JFX口座をお持ちのお客様はこちら

= = = = = = = = = = = = = = = = =

お友達紹介プログラム

= = = = = = = = = = = = = = = = =

LINE@友だち登録キャンペーン