25日に南アフリカランド/円が3カ月ぶりの安値を記録

2018/12/27 13:24

デイリーフラッシュ

【ポイント】
・南アフリカランド/円が下落した背景に米株安
・米株安が一段と進めば、ランド/円は7.41円(9/18安値)に向かう可能性あり


[レビュー]

27日東京時間の外国為替市場では、米ドル/円やクロス円が反落。一時、米ドル/円は110.87円、豪ドル/円は78.26円、NZドル/円は74.49円へと下落しました。日経平均が反発するなか、米ドル/円やクロス円は昨日(26日)NY時間に大きく上昇したこともあり、利益確定売りが優勢となりました。

[これからの展開]

南アフリカランド/円は25日に、一時7.47円へと下落。約3カ月ぶりの安値を記録しました。

南アフリカランド/円(日足、2018/8/1~)
 
(出所:M2JFXチャート)

12月に入ってから、南アフリカランド/円は下落傾向にあります。その背景として、米国株の下落によってリスク回避の動きが強まったことが挙げられます。リスク回避は円高要因になるとともに、新興国通貨への下落圧力となります。

NYダウ(日足終値、2018/8/1~)

(出所:トムソン・ロイターより作成)

市場の関心は米国の株価動向に向いており、南アフリカランド/円は米株価に左右される展開が続いています。南アフリカランド/円が下げ止まるには、米国の株安に歯止めがかかる必要があるかもしれません。

NYダウは昨日1086ドル上昇し、1日の上げ幅として過去最大を記録。S&P500やナスダックも大幅高となり、米株安は一服しました。ただ、NYダウは、24日まで(25日は休場)の7営業日で約2800ドル下落しており、昨日の上昇は一時的な自律反発の範囲内とみなすこともできそうです。NYダウなど米主要株価指数は再び下落する可能性があり、要注意です。

米株安が進行した場合、南アフリカランド/円には下落圧力がかかり、7.41円(9/18安値)に向けて下がる可能性があります。

南アフリカの目先の主要経済イベントは、2019年1月15-17日のSARB(南アフリカ準備銀行、中銀)政策会合です。

= = = = = = = = = = = = = = = = =


= = = = = = = = = = = = = = = = =

【マーケットView】
マーケットViewは、毎日16時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【トラリピ1クリック】
トラリピを1クリックでカンタン発注!


M2JFX口座をお持ちのお客様はこちら

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【キャンペーンのご案内】

FX新規口座開設キャンペーン

M2JFX口座をお持ちのお客様はこちら