為替市場は方向感の出にくい展開。本日は米住宅価格指数が発表

2017/12/26 09:07

デイリーフラッシュ

(欧米市場レビュー)

25日の日本時間の外国為替市場は、クリスマス休暇で取引が控えられ、方向感に欠ける展開でした。25日の欧米の外国為替市場は、クリスマス休暇のため休場でした。

(本日の相場見通し)

26日は、NZ、豪州、英国、カナダがボクシングデー、ユーロ圏はクリスマスの振替休日で、オセアニアやユーロ圏のマーケットは休場となります。25日に続き26日の外国為替市場は薄商いとなりそうです。

26日の米国市場では、通常通り取引が行われます。日本時間26日23時に10月のケースシラー住宅価格指数が発表されます。9月の同指数は2006年以来の水準まで上昇し、リーマンショック後の低下分をほぼ回復しました。住宅価格は米国民の消費行動にも大きく影響するため、今後の米景気をみるうえで、同指数をチェックしておく必要はあります。

 

(アナリスト 根岸慎太郎)