トラリピってどんな注文?

トラップリピートイフダン(R)の注文を3段階に分けて説明します。

1.イフダン注文(IFD)
 新規注文と決済注文をセットで発注する注文方法
2.リピートイフダン注文(RIFD)
 イフダン注文を繰り返し発注する注文
3.トラップリピートイフダン注文
 リピートイフダン注文(RIFD)を等間隔に複数仕掛ける注文

STEP1 イフダン注文(IFD)

まず基本になるのはイフダン注文(IFD)です。

イフダン注文とは?(買いから入る場合)
もし〇〇円で買えたら(新規注文)、その後××円で売って(決済注文)欲しい、という
「新規」「決済」セットになった注文のことです。



STEP2 リピートイフダン注文(RIFD)

「リピート」とは、「繰り返し」という意味です。
「STEP1」の『イフダン注文』と、自動的に繰り返し(リピート)続ける機能
合わせた注文を

 リピートイフダン注文リピートイフダン注文(RIFD)

といいます。


下の図で仕組みを説明すると…

IFD=イフダン注文の略
IFD#1=イフダン注文の「新規注文
IFD#2=イフダン注文の「決済注文


リピートイフダン注文IFD#1(新規注文)成立後、セットで発注
していたIFD#2(決済注文)が成立すると、自動的にまた
IFD#1(新規注文)とIFD#2(決済注文)が発注されます。


「決済注文」が成立しないとリピートはしません。
リピートする条件は、「決済注文」が成立することです。

例えば上の図で、「IFD#1」が成立した後、「IFD#2」の注文が成立しない場合、
再度「IFD#1」の値段になったとしても、また「IFD#1」が成立することはありません。

STEP3 トラップリピートイフダン注文

ある値幅内(下図の場合100.00円〜105.00円)に
リピートイフダン注文(RIFD)」を罠(トラップ)のように
等間隔に複数本仕掛ける、これが「トラップリピートイフダン注文」です。




トラップ本数については下記ページの「自動計算されるトラップ値幅の計算式は?」
をご参照ください
http://www.m2j.co.jp/guide/order_rakutora.php


トラリピの発注 >>

FX取引をご検討の方へ
M2JFXで「資産運用としてのFX」をはじめませんか?ポイントプログラム、キャンペーンなど特典も盛りだくさんです。
ページトップへ