残高総括表

確定申告および税制についてはこちら

残高総括表について

残高総括表とは

1日〜1年の期間を指定し、その期間に実現した損益を確認できます。
確定申告の際の添付書類としてご利用ください。

残高総括表の出力方法

解説画像1
  1. トレードログイン画面 左側の「報告書」をクリックします。
  2. 「残高総括表」を選択します。
  3. 表示期間を選択します。
    1日間から、最大1年間を選択できます。
    例えば、2011/07/01〜2012/06/30 を選択すると、
    2011年7月1日からの1年間で実現した損益を確認できます。
    ※2011年1月1日より前を指定することはできません。
    →「2011年8月以前の報告書はこちら」へ
  4. 『ダウンロード』をクリックすると、残高総括表(PDFファイル)が出力されます。
  5. 2010年以前の「取引総括表」を出力される場合は、
    「2011年8月以前の報告書はこちら」をクリックしてください。
    2011年8月22日以降に口座開設されたお客様は、このリンクは表示されません。

残高総括表の見方

解説画像2
  1. 作成日
    残高総括表を作成した日時が表示されます。
  2. 対象期間
    残高総括表の表示対象期間が表示されます。
  3. 期間中の売買損益
    表示対象期間の為替差損益の合計(H+J)が表示されます。
  4. 期間中のスワップ
    表示対象期間のスワップ合計額(I+K)が表示されます。
  5. 両替又はポジション両替
    表示対象期間中に行われた両替の、月ごとの通算額です。
    左の表の08月01日〜31日当欄は、取得価格90.00円で
    1万米ドルの両替を行ったことを示しています。
    M2JFXの取引で生じた外貨を円貨に両替した際、発生日の換算レートと両替をしたレートとの間に
    差損益が発生していれば、 その差損益は課税対象に通算する必要があります。
    表示期間内に発生した利益を、他の通貨へ両替した場合の申告額算出方法へ
  6. 実現損益(円換算合計) 各月
    表示対象期間内の、各月の売買損益とスワップの合計(H+I+(J+K)×換算レート)が表示されます。
  7. 実現損益(円換算合計) 合計
    表示対象期間内の実現損益 円換算合計(F)の合計が表示されます。
    この額が、確定申告の額の基礎データになります。
  8. 売買損益(JPY)
    日本円で発生した、各月の為替差損益およびその合計です。
  9. スワップ(JPY)
    日本円で発生した、各月のスワップおよびその合計です。
  10. 売買損益(USD)
    米ドルで発生した、各月の為替差損益およびその合計です。
  11. スワップ(USD)
    米ドルで発生した、各月のスワップおよびその合計です。

表示期間内に発生した利益を、他の通貨へ両替した場合の申告額算出方法

上記残高総括表を例に、説明します。

  • 2月の実現損益…1,004,000円
  • 7月の実現損益…10,000米ドルは、8月に両替するので、ここでは計算せず。
    50米ドル×100.00円(7月末換算レート)=5,000円
  • 8月の実現損益…7月に米ドルで生じた利益(10,000米ドル)を、8月に両替したので、
    10,000米ドル×90.00円=900,000円
  • 1,004,000円+5,000円+900,000円=1,909,000円となります。
  • G-両替額×(損益が生じたときの換算レート−両替時の換算レート)
    =2,009,000円-10,000米ドル×(100.00円-90.00円) 
    =2,009,000円-100,000円
    =1,909,000円
    のように計算することもできます。
ページトップへ