マネーすくすく  FX運用応援マガジン!トップバックナンバーコンテンツ一覧

FXで資産運用をはじめよう!

FXに伴うリスク

前号までは、FXの基本的な仕組みを説明しました。
それでは、これから実際に資産運用をはじめる前に、FXに伴うリスクを理解しておきましょう!
FXのリスクのなかから次の事項について説明します。

1. 為替変動リスク

2. 流動性リスク

3. 信用リスク・システムリスク

このほかのリスクについては、「リスクについて」ページを確認してくださいね。
それではさっそく、これらのリスクとそれぞれの管理方法について一つずつ順に見ていきましょう。


1. 為替変動リスク

株式市場と同様に、取引時間内では為替レートは常に変動しています。
そのため、保有している通貨(=ポジション)のリアルタイムレートでの損益(=評価損益といいます。)は常に変わっています。

レートの変動が大きな時は、多くの利益(評価益)を得られることもあれば、多くの損失(評価損)を抱えることもあります。 元本や利益が保証されたものではないので、取引の際には十分ご注意ください。

リスク管理方法:
多くの損失を防ぐ方法、それは「ストップロス」です。
ストップロスとは保有ポジションの損失が一定損失額を超えた場合に反対売買することによって損失を確定することです。当社のオリジナル注文方法であるトラップトレード®、リピートイフダン®、トラップリピートイフダン®は、「ストップロス価格」を入力し、あらかじめ損失額を見積もることができます。
(ストップロス注文が約定した時にはスリッページが発生し、実際の損失額が見積もり損失額を大きく上回る場合もありますので、ご注意ください。)


当社では、お客様がストップロスを設定されてなくても、一定の損失になると、全ての注文が自動的に決済され損失は確定されます。これを自動ロスカットといいます。

⇒FX取引は、売りたい時に買い手が見つからないこともある?


第3回 FXに伴うリスク
2009-12月号
第2回 証拠金、レバレッジ、金利、為替利益
2009-11月号
第1回 自力ではじめる資産運用
2009-10月号
FX取引をご検討の方へ
M2JFXで「資産運用としてのFX」をはじめませんか?ポイントプログラム、キャンペーンなど特典も盛りだくさんです。