外国為替・FXニュース

NY債券・20日=続伸 タカ派な発言散見も流れ変わらず

2017-03-21 07:00:00


◆10年債利回り:2.461% -0.040
◆2年債利回り:1.288% -0.026

 米債は続伸(利回り低下)。エバンス米シカゴ連銀総裁の「インフレ率が加速して、さらに上向きの状況となれば(2017年の利上げ)4回もありうる」、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁の「バランスシート調整のついての議論は行われている」など、売り材料となりうるタカ派的な発言も聞かれた。しかし米連邦公開市場委員会(FOMC)で示された緩やかな利上げペースが既定路線との見方に変化は生じなかった。10年債利回りは一時2.461%まで低下。6日以来、2週間ぶりの低水準のまま引けた。

(関口)

そのほかのマーケット情報

ページトップへ