外国為替・FXニュース

■LDNFIX=ドル円戻り鈍い、英・EU離脱へ向けポンド軟調

2017-03-21 01:26:00


 NY午前、ドル円はロンドンタイムに112.90円まで進んだ巻き戻しの値幅を112.60円前後まで縮小した。下げ渋る場面もあったが、米長期金利が6日以来の2.47%割れまで一時低下。ドルの戻りを抑制した。G20財務相・中央銀行総裁会議で、声明から「保護主義に対抗する」との文言が外された影響をいったん織り込んだとの見方もあるが、まだ見極めの状態が続いている感が強い。

 ドル円の軟化を受け、他通貨もクロス円で円高推移。ポンド円は先週末のレンジを割り込んで138.93円まで下落した。今月29日に英国がEU離脱を宣言するとのニュースが伝わっている。加ドル円は原油相場の戻りの鈍さもあって、加ドル円は84.25円まで水準を下げた。ポンドドルは1.2335ドルまで軟化。ドル/加ドルは1.3373加ドルまで加ドルじり安となった。

 ユーロ円は121円付近、豪ドル円は87円付近、NZドル円は79円前半で重い推移。ユーロドルは1.07ドル半ば、豪ドル/ドルは0.77ドル前半、NZドル/ドルは0.70ドル半ばでもみ合い。

(関口)

そのほかのマーケット情報

ページトップへ