市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/10/20 14:00NZドル/米ドルが5か月ぶり安値。市場は政権交代によって政策が大きく変わる可能性を懸念

[レビュー]

20日東京時間の外国為替市場では、米ドルが堅調に推移。一時、米ドル/円は113.26円へと上昇し、ユーロ/米ドルは1.1806米ドル、豪ドル/米ドルは0.7830米ドル、NZドル/米ドルは0.6972米ドルへと下落しました。米国の上院が2018年度の予算決議案を可決。税制改革に向けて前進したことが好感されました。


[これからの展開]

NZドル/米ドルは東京時間、一時0.6972米ドルへと下落。5月22日以来、5か月ぶりの安値をつけました。NZファースト党が昨日(19日)、労働党との連立を発表して以降、NZドルに下押し圧力が加わるなか、米上院が本日、予算決議案を可決。米ドル買い圧力も加わったことで、NZドル/米ドルは一段安となりました。

NZでは、政権交代(国民党から労働党へ)によって政策が大きく変わる可能性があり、市場はとりわけ、労働党政権が保護主義政策をとるのでは?と懸念しています。

労働党は選挙戦において移民を年間2万から3万人程度に抑えることを公約し、NZファースト党は移民の大幅な削減を主張。TPP(環太平洋経済連携協定)については、労働党が一部見直しを求め、NZファースト党は反対の立場です。RBNZ(NZ準備銀行)に関しては、労働党が責務の変更(雇用の最大化を追加)を提案し、NZファースト党はRBNZの為替介入を増やすように主張しました。

NZドル/米ドルには下押し圧力が加わりやすい地合いが続きそうです。NZドル/米ドルは5月11日安値の0.6818米ドルに向かう可能性があります。現在の状況でNZドル/米ドルが反発するとすれば、ポジション調整や米ドルの売り材料が提供された場合かもしれません。

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ