南アフリカランド(ZAR)の特徴

南アフリカランド(ZAR)南アフリカ

資源価格の影響を受けやすい「資源国通貨」
グローバルな資金移動の影響を受けやすい「フラジャイル・ファイブ」の1つ。

南アフリカランドの特徴とは

南アフリカはアフリカ有数の経済規模を持ち、GDPはサブサハラ(サハラ砂漠以南のアフリカ)地域の約2割を占めます(2014年時点)。金やダイヤモンド、プラチナなどの鉱物資源に恵まれ、プラチナの産出量は世界第1位。ダイヤモンドの埋蔵量は世界第2位。金は第二次大戦後の最盛期には世界の約7割を占める最大の産出国でした。金の生産量は近年、生産コストの上昇などで急激に減少しているものの、世界第6位と、依然として有力な産金国です(2014年)。
そのため、南アフリカランドは資源国通貨に位置づけられ、金をはじめとする商品価格に影響を受けやすいのが特徴です。

南アフリカはアフリカの中でも政情が安定した国です。しかしながら、周辺諸国に政情が不安定な国が多くなっており、周辺国で政情不安が起きるとそれが南アフリカにも影響を及ぼすことも考えられることから、地政学的リスクを意識した南アフリカランド売りが優勢になることもあります。
一方で高金利通貨としても知られ、2016年5月現在のSARB(南アフリカ準備銀行)の政策金利は7.00%です。
SARBの金融政策は、あらかじめインフレ目標を設定。消費者物価指数(CPI)を前年比で+3〜6%の範囲内に収めるように政策運営を行っています。したがって、CPIの動向には注目する必要があります。
南アフリカは恒常的な経常赤字体質にあり、資金調達を海外に依存していることから、グローバルな資金移動の影響を受けやすいという特徴があります。
2013年5月に当時のバーナンキFRB議長が量的緩和縮小の可能性に言及したことをきっかけに、南アフリカランドは対米ドルで大幅に下落しました。 同じような状況になったブラジルレアル、インドネシアルピア、インドルピー、トルコリラとともに、南アフリカランドは高インフレと経常赤字を抱える新興国通貨の総称「フラジャイル・ファイブ(脆弱な5通貨)」の1つです。

2014年以降は、中国の景気減速などを背景とした原油、鉄鉱石、主力産業である金、プラチナなどの資源価格が大きく下落。加えて、米FRBが量的緩和を終了し利上げを始めたことも、南アフリカランド安の大きな材料となりました。対円相場では、2016年1月に過去最安値となる6.48円を付け、歴史的安値圏での推移が続いています。

南アフリカランドの為替動向

通貨ペア bid ask change open high low
FLAG ZAR/JPY

南アフリカランド/円の月足チャート

※チャートは過去5年分です。高機能なFXチャートスクエアもご活用ください。

南アフリカランドの変動要因とは?

主な上昇要因

国際情勢 地政学リスクや金融不安の後退
金融政策 金融引き締め(観測の高まり)
経済指標 GDPやCPIなどの経済指標が市場予想を上回る良い数字の場合
その他 金など商品価格の上昇

主な下落要因

国際情勢 地政学リスクや金融不安の高まり
金融政策 金融緩和(観測の高まり)
経済指標 経済指標が市場予想を下回る悪い数字の場合
その他 鉱山のスト、金など商品価格の下落、FRBの金融引き締めなどによるグローバルな資金移動

※上昇要因・下落要因は現在の環境による一般的な目安であり、市場の注目度や見方により真逆の値動きになることがあります。

南アフリカの概要

国・地域名 南アフリカ共和国(Republic of South Africa)
首都 プレトリア
位置 南緯25度44分、東経28度11分(プレトリア)
面積 122万km2
人口 5,486万人 (2015年 IMF推計)
主要言語 英語、アフリカーンス語、ズールー語 など11言語

南アフリカの経済・貿易データ

経済データ(2015年 IMF推計)
名目GDP額 3,173億米ドル(2015年 IMF推計)
実質GDP成長率 1.4%(2015年 IMF推計)
1人当りGDP 5,783米ドル(2015年 IMF推計)
財政赤字 対GDP比 4.08%(2015年 IMF推計)
消費者物価上昇率 4.8%(2015年 IMF推計)
失業率 25.8%(2015年 IMF推計)
経常収支(国際収支ベース) -6,973億6,000万ランド(2015年 Bloomberg)
貿易収支(国際収支ベース) -498億5,000万ランド(2015年 Bloomberg)
外貨準備高 457億9,000万米ドル(2015年末)(2015年 IMF推計)
貿易データ(2014年 外務省、JETRO)
輸出額 925億米ドル
輸入額 988億米ドル
輸出品目(上位品目) 金、希金属、鉱物製品、化学製品、食料品類、繊維製品機械製品、自動車類
輸入品目(上位品目) 食料品類、鉱物製品、機械製品、自動車類(部品含む)、化学製品、繊維製品
輸出相手国(上位国・地域) 中国、アメリカ、日本、ドイツ、インド
輸入相手国(上位国・地域) 中国、ドイツ、サウジアラビア、アメリカ、インド、日本

南アフリカの主な祝祭日

★:銀行休業日(JETRO、Bloomberg)

2016年
1月1日 ニューイヤーズ・デー(New Year’s Day)★
3月21日 人権記念日(Human Rights Day)★
3月25日 聖金曜日(Good Friday)★
3月28日 家族の日(Family Day)★
4月27日 自由の日(Freedom Day)★
5月1日 メーデー(Workers’ Day)★
5月2日 メーデーの振り替え休日(Public Holiday)★
6月16日 青年の日(Youth Day)★
8月9日 全国婦人の日(National Women’s Day)★
9月24日 文化遺産記念日(Heritage Day)★
12月16日 和解の日(Day of Reconciliation)★
12月25日 クリスマス(Christmas Day)★
12月26日 善意の日(Day of Goodwill)★

(データ出所:IMF、外務省、JETRO、Bloomberg)

※掲載されているデータ・情報については、万全を期しておりますが、その正確性・安全性等を保証するものではありません。また、掲載されているデータ・情報等は、作成時点におけるものであり、当社は予告なくこれを変更・訂正することがあります。

その他のマーケット情報

もっと南アフリカを知る書籍のご案内
image

思い出とお金をふやす、これまでになかった旅行の本。
『かけがえのない旅のつくりかた』

いま、南アフリカが面白い! 「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」シリーズ著者の詩歩と、「1,000円でできること」シリーズの山下マヌーのコラボレーション。

世界の主要通貨国基礎データ

そのほかのマーケット情報

ページトップへ