2分でわかるアメリカ

2017/08/12物価が上がらない、FRBどうする

アメリカで暮らしていると、年初から物価がほとんど変わっていないと感じます。食品、家賃などが高くなっていますが、ガソリン価格が下がり相殺しています。アメリカ労働省が11日発表した7月の消費者物価指数(CPI)は実感に近いものでした。

7月のCPIは前月から0.1%上昇しました。ブルームバーグ、ロイター、それにダウジョーンズがまとめたエコノミストの予想はいずれも0.2%上昇でした。それを下回ったことになります。予想に届かなかったのは5カ月連続です。

変動が激しい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比で0.1%上昇。これも予想(0.2%程度)を下回りました。前年同月比は1.7%の上昇でした。

詳細をみると、食品価格、医療関連、そして家賃とホテル代金が上昇。その一方で、エネルギー価格が下がりました。携帯電話の料金も安くなりました。 過去12カ月で13.3%も下がりました。個人的にも最近、料金プランを変更、約10%安くすることができました。技術と競争が物価を押し下げていると言えるのかもしれません。

CPI発表を受け、金利先物が示唆するFRBが12月の会合で追加利上げする確率は前日の約40%から32%に大幅低下しました。朝鮮半島の緊張を嫌気して軟調だったニューヨーク株式相場は、弱いCPIを受け上昇に転じました。

FRBが9月にバランスシートの縮小を決めるという見方がほぼコンセンサスになっています。複数の地区連銀総裁の発言がそれを強く示唆しています。FRBは依然として年内にあと1回の利上げをすることを見込んでいます。しかし、インフレ率がFRB目標の2%を下回ったままなので、次の利上げは来年までない可能性が高いとの見方が優勢です。少なくともマーケットでは。

 
 [August 11, 2017]  No 031843713

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ