週刊2分でわかる豪・NZ

2017/03/16ユニクロとアルディが影響、通貨は目先堅調か

「ユニクロとアルディ」

1月末から2月初めにかけてオーストラリア最大都市のシドニーを訪れた際、2年前と物価がほとんど変わっていないと感じました。為替レートの関係で日本人は高いと感じると思いますが、米ドルで考えるとそれほど高くありません。むしろ安い。

シドニーの不動産価格が一部でバブルと呼ばれるほど上昇しているのに、食品やガソリン価格は2年前とほぼ同じでした。訪れたのは真夏。シドニーはホテル代が高くなるはずなのに、前回訪れた冬とさほど変わらない。デフレとは言わないまでも、インフレ率が非常に低いのではないかと思います。

オーストラリアの中央銀行(RBA)のエコノミストに聞いてみると、「ALDI(アルディ)の影響が大きい」との答えが返ってきました。アルディはドイツの安売りで有名なスーパーマーケットのチェーンです。店舗サイズが小型なのが特徴です。アルディの進出により、ウールワースやコールズといったスーパーマーケットが幅広く商品を値下げしたそうです。大規模店舗、低価格が特徴のアメリカのコストコもオーストラリアに進出したことで競争がさらに激化、食品価格を押し下げたとの見方でした。

オーストラリア最大の民間銀行ANZのエコノミストも同じ意見でした。アルディが食品価格に影響したのと同時に、日本のユニクロが進出したことで衣料品価格も全体的に下がったとコメントしました。シドニー中心部の一等地にあるユニクロの店舗は予想以上に繁盛していました。エコノミストは、先に進出した無印良品とH&Mも衣料品価格の低下に寄与していると言っていました。いわゆるファストファッション。

さらに 、幅広い分野で賃金の伸びが鈍いことも低インフレにつながっていると指摘されています。

オーストラリアのインフレ率は去年、前期比マイナス0.2%からプラス0.7%の間で推移しました。ANZは4月後半に公表される第1四半期(1-3月)の消費者物価指数が0.3%、コア指数は0.4%の上昇にとどまると予想しています。最新のレポートの中で、「RBAは経済活動に対し強気な姿勢を保っているが、より弱いインフレ環境に直面している可能性が十分にある」とコメントしました。

「急上昇した豪ドル」

FRBが金融政策を決める15日の会合(FOMC)で予想通り政策金利を0.25%引き上げました。しかし、声明とイエレン議長のトーンは予想されたほどタカ派的ではありませんでした。キーワードは「gradual(緩やか)」。緩やかなペースで追加利上げするとのメッセージに、「速いペース」を期待していたマーケットが失望しました。

FOMC後、米ドルが、対円、対ユーロ、対英ポンド、対カナダドルなどに対して幅広く売られました。主要通貨の中で金利水準が高い豪ドルは目立って上昇しました。対米ドルで約2%高と急上昇。0.77米ドルを上回りました。対円でも上昇。

ウエストパックのストラテジストは、「FRBがタカ派見通しを示さなかったことで、来月にかけて米ドルが安く推移するだろう」とシドニー・モーニング・ヘラルドにコメントしました。

ただ、オーストラリアの第1四半期の消費者物価指数が弱い場合、RBAの利下げ観測が広がり、豪ドルが対米ドルで軟調になる可能性があります。FRBは会合後の声明で、インフレ率が目標の2%に近づいていることを追加利上げの理由にあげています。アメリカとオーストラリアのファンダメンタルズの差が広がる可能性があります。

「GDPの影響は一時的か」

NZドルもFOMC後に対米ドルで急上昇。0.70米ドル台に乗せました。クロス取引の対円でも上昇しました。しかし、ニュージーランドの統計局が去年第4四半期のGDPを発表した後にNZドルは上げ幅をほぼ消しました。前期比で0.4%、前年比で2.7%という成長は、いずれも予想を大幅に下回る弱いものでした。

だた、「GDPは古いデータであり、ニュージーランド経済が堅調なため、NZドルの売りは限定的、一時的だろう」とバンク・オブ・ニュージーランドのストラテジストがニュージーランド・ヘラルドにコメントしました。

目先、NZドルは対米ドルで比較的堅調に推移する可能性があります。ただ、クロス取引のNZドルと豪ドルの対円相場は、米ドル/円の動きに大きく左右される可能性があります。


 [March 16, 2017 AN0081] 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ