「トラリピ×日経225証拠金取引」新規口座開設キャンペーン 「トラリピ×日経225証拠金取引」新規口座開設キャンペーン

JTBギフトカード最大で5,000円分+オリジナルQUOカード225名様に500円分プレゼント! JTBギフトカード最大で5,000円分+オリジナルQUOカード225名様に500円分プレゼント!

キャンペーン詳細はこちら

キャンペーン詳細はこちら

最新情報

■【セミナー:募集終了】2016年3月28日開催 マネースクウェアでインデックス投資をはじめよう。『日経225証拠金取引』セミナー
■【セミナー:募集終了】2016年3月15日開催 マネースクウェアでインデックス投資をはじめよう。『日経225証拠金取引』セミナー
■【セミナー:募集終了】2016年2月23日開催 マネースクウェアでインデックス投資をはじめよう。『日経225証拠金取引』セミナー
■【セミナー:募集終了】2016年2月11日開催 M2J-日経225証拠金取引リリース記念セミナー
■【セミナー:募集終了】2016年1月14日開催 マネースクウェアでインデックス投資をはじめよう。『日経225証拠金取引』セミナー
■【セミナー:募集終了】2015年12月23日開催 マネースクウェアでインデックス投資をはじめよう。『日経225証拠金取引』セミナー

M2J-日経225証拠金取引の魅力

「日経225証拠金取引」は、日本の株式市場の重要な指標(指数)である「日経平均株価(日経225)」を対象にする金融商品です。
取引所で日経平均株価を直接取引できるのは「日経225証拠金取引」「日経225先物取引」だけであり、またファンドを通じた間接的な方法であれば「日経225連動型ETF」といった金融商品があります。
「日経225証拠金取引」は、取引期限がなく、ほぼ24時間、祝日でも取引ができるなどの点で、「日経225先物取引」や「日経225連動型ETF」では満たされなかった投資家のニーズに応えられる商品性を備えています。

徹底比較「M2J-日経225証拠金取引」×「日経225mini先物取引」

ここがポイント!M2J-日経225証拠金取引①

買いポジションで配当相当額が受け取れる

「M2J-日経225証拠金取引」では買いポジションを持っているだけで配当相当額を受け取ることができ、収益を上げることができます。さらに、レバレッジをかけて取引をすることで、より高い利回りの利益を狙うことが可能です。
※ただし、買いポジションには金利の支払いが発生します。

売りポジションで金利相当額が受け取れる

「M2J-日経225証拠金取引」では売りからはじめて、安くなったところで買い戻す取引によって、価格が下落しても利益を狙うことができます。また、売りポジションを保有している場合、その取引代金に対する金利に相当する金額を受け取ることができます。
※ただし、売りポジションには配当の支払いが発生します。

M2J-日経225証拠金取引なら、受け取る配当や金利相当額が明確! M2J-日経225証拠金取引なら、受け取る配当や金利相当額が明確!

ここがポイント!M2J-日経225証拠金取引②

ほぼ24時間取引が可能!

「M2J-日経225証拠金取引」では土日以外、祝日も含めて東京、ニューヨーク、ロンドンの世界三大市場の取引時間帯を全てカバーしてほぼ24時間お取引いただけます。そのため、海外市場の要因で相場が急変した場合でも、タイムリーに注文を執行できるのです。その結果、株式の東京市場が前日の価格から大きく離れてスタートする「窓開け」となった場合でも、取引時間が長い分、その差が軽減されやすい傾向にあります。

M2J-日経225証拠金取引なら、ほぼ24時間取引ができる! M2J-日経225証拠金取引なら、ほぼ24時間取引ができる!

ここがポイント!M2J-日経225証拠金取引③

取引期限がない!

「M2J-日経225証拠金取引」ではポジションを持ってから決済するまでの取引期限がなく、いつでも自由なタイミングで決済をすることができます。取引期限がある先物取引の場合とは異なり、配当目的など長期保有を目的とする投資家のニーズにも応えられるというメリットがあります。日経225先物取引など、長期的な上昇トレンドを予想し買いポジションを持ったとしても、取引期限終了の時点で買値より下がっていれば損失が確定してしまいます。一方で、「M2J-日経225証拠金取引」は無期限の取引によって長期投資を可能としたことで、株価指数を使ったレバレッジ取引が資産運用の手段となったことは大きな魅力です。

M2J-日経225証拠金取引なら、自由なタイミングで決済可能! M2J-日経225証拠金取引なら、自由なタイミングで決済可能!
「M2J-日経225証拠金取引」×「日経225mini先物取引」比較表
「M2J-日経225証拠金取引」×「日経225mini先物取引」比較表

徹底比較「M2J-日経225証拠金取引」×「日経225mini先物取引」 徹底比較「M2J-日経225証拠金取引」×「日経225mini先物取引」

1.再発注の手間がかかりません! 1.再発注の手間がかかりません!

「24時間効果的に運用が可能になる」グラフ 「24時間効果的に運用が可能になる」グラフ

ほぼ24時間の取引ができるM2J-日経225証拠金取引では、その値動きを常に監視することは現実的ではありません。
トラリピ®は「一度の発注で繰り返し利益を狙う」リピート機能が付いているため、普段忙しい方でもほぼ24時間、取引の機会を狙うことが可能となります。

2.キーワードは総推移! 2.キーワードは総推移!

「総推移を狙う」グラフ 「総推移を狙う」グラフ

例えば、2014年の日経225証拠金取引の安値は13,850円、高値は18,125円となり高低差4,275円の範囲で推移しました。その値動きを引き伸ばし、同年の総推移(期間中の4時間足の高低差の合計)を計算すると、なんと約37倍の160,638円にもなります。
株価の「上がる・下がる」という目先の動きではなく「値動きの範囲(レンジ)」を予想し仕掛けるだけで、その範囲の総推移から利益を狙うことが可能となります。ただし、仕掛け方によっては多額の資金が必要となったり、設定したレンジを外れた場合、損失を被ることがあります。

3.感情に左右されない運用が可能に! 3.感情に左右されない運用が可能に!

「感情に左右されない」図 「感情に左右されない」図

発生した評価損益を目の前にすると「不安」や「欲」に駆られてしまうことは珍しくありませんが、感情的な判断は合理性を欠き運用を失敗させることも少なくありません。
個人投資家が感情を排除するためのシンプルな方法に、発注と成立に時間差を生じさせることで計画的なトレードにつなげる「指値」の活用が挙げられます。
トラリピ®は「指値」と「リピート機能」で構成されていることから、値動きに一喜一憂しない感情を排したトレードを行うことが可能となります。

ところで「トラリピ®とは」

「トラップトレード®」と「リピートイフダン®」が持つ特長を掛け合わせたマネースクウェアだけの独自注文です。

  • トラリピ® トラリピ®

    トラリピ®は、新規と決済を一度に発注できる「イフダン注文」を最大25本まとめて発注することができ、かつ1本1本のイフダンが“新規→決済→新規→決済・・・”と注文をくり返す「リピート機能」を有することで、再発注の手間を省きます。
    (平成22年1月22日特許取得 特許番号:特許第4445006号)

  • トラップトレード® トラップトレード®

    トラップトレード®は、相場の値動きを「点」ではなく「面」で捕らえることを目的とした独自注文です。
    (平成21年3月19日特許取得 特許番号:特許第4278664号)

  • リピートイフダン® リピートイフダン®

    リピートイフダン®は、IFDONE(イフダン)注文に「リピート」機能を追加した、指値(売買)を自動的に
    何度でも繰り返すことを目的とした独自注文です。
    (平成22年1月8日特許取得 特許番号:特許第4435139号)

さらに…

トラリピ®をスムーズ&簡単に発注できる高性能インターフェースも充実!

トラリピ®をスムーズ&簡単に発注できる高性能インターフェース トラリピ®をスムーズ&簡単に発注できる高性能インターフェース

M2J-日経225証拠金取引では2種類のトラリピ発注フォームをご用意!
トラリピ®を使ったトレード経験がない方でも項目を確認しながら発注できる
「入力ガイド付きトラリピ®専用メニュー(=トラリピウィザード)」をご利用いただけますので、
ストレスなく簡単に発注いただけます。

M2J-日経225証拠金取引では2種類のトラリピ発注フォームをご用意!
トラリピ®を使ったトレード経験がない方でも項目を確認しながら発注できる「入力ガイド付きトラリピ®専用メニュー(=トラリピウィザード)」をご利用いただけますので、ストレスなく簡単に発注いただけます。

金融サービスのスタンダードを創る。 金融サービスのスタンダードを創る。

M2Jロゴ

マネースクウェア・ジャパン(M2J)は、
独創的なアイディアで金融の世界に新たな道を切り拓き、
お客様の資産とともに成長するパートナーであり続けたいと考えております。

マネースクウェア・ジャパン(M2J)は、
独創的なアイディアで金融の世界に
新たな道を切り拓き、
お客様の資産とともに成長する
パートナーであり続けたいと考えております。

口座開設からお取引までの流れ

「口座開設からお取引までの流れ」図

必ずお読みください