「野球を学ぼう。野球に学ぼう。」M2J宮本慎也ベースボールスクール supported by マネースクウェア・ジャパン

マネースクウェア・ジャパンは、「野球を学ぼう。野球に学ぼう。」をコンセプトに、野球を通じて、未来を担う子どもたちの成長を応援いたします。

野球を学ぼう。野球に学ぼう。

相手の胸に投げること。キャッチボールから、相手を思う気持ちを学ぶ。元気よくあいさつすること、チームメイトに声をかけること。気持ちよく声を出しながら、礼儀を学び、チームワークを学ぶ。考えて野球をすると、野球はたくさんの学びをくれる。観察する、気を配る、頭を使う、身体を使う。野球のすべてを通じて、身体を、心を、技術を、夢を、育てたい。一生楽しめる野球の基礎と、一生ものの礼儀作法を。ここは、野球の未来と、子供たちの未来を育てる教室です。

アテネ・北京オリンピック野球日本代表のキャプテン、
宮本慎也があなたの街にやってくる!

M2J宮本慎也ベースボールスクールは、これまで野球をやったことのない子供たち(幼児・小学生)を対象に、全国各地、あなたの住む街に野球の楽しさを伝えるためにお伺いします。
開催をご検討の団体または自治体は、応募内容をご覧の上、お問合せフォームよりお問合せください。後日、マネースクウェア・ジャパンM2J宮本慎也ベースボールスクール事務局よりご連絡いたします。
指導者がいない、野球を始めたくても人数が足りないなど野球環境に恵まれていない子供たちに、野球にふれあうきっかけを作ってあげたいと考えている団体や自治体を募集中です!

宮本慎也氏 プロフィール

宮本慎也氏 プロフィール

PL学園高校出身。第69回全国高等学校野球選手権大会では唯一2年生として決勝戦に三塁手として先発出場し全国優勝を果たす。卒業後は同志社大学に進学。 1990年春季のリーグ戦で首位打者を獲得する目覚ましい活躍をする。プロへの誘いもあったものの社会人野球のプリンスホテルに入社。 1994年、ドラフト2位で東京ヤクルトスワローズへ入団する。 アテネオリンピック野球日本代表(2004年)に続き、北京オリンピック(2008年)においてもキャプテンを務め、2005年ー2007年にはプロ野球選手会会長を務める。2013年8月26日に惜しまれながら現役引退を表明。10月4日の引退試合では対阪神戦(神宮)2番遊撃手で先発出場を最後に19年のプロ野球生活を終えた。現在はNHK野球解説者、日刊スポーツ評論家として活動。

詳細・お申込み方法

概要 簡単なミニゲームを通じながら野球に触れ合う楽しさをお伝えします。
主催 宮本慎也氏
場所・日時 月曜日〜土曜日(祝日含む)。1プログラムにつき1時間程度です。
ご要望に応じて全国各地で開催いたします。お気軽にお問い合わせください。
対象 キッズプログラム:4歳児・5歳児を対象とするプログラム
ジュニアプログラム:小学生(おもに低中学年)を対象とするプログラム
応募資格 グラウンド、および雨天の場合の体育館など、練習場所をご用意いただける団体(幼稚園・保育園・小学校など)または自治体。なお、キッズプログラムは園庭程度の広さがあれば十分です。
開催費用 無料
※参加されるお子様は、団体またはご自身でスポーツ安全保険(一人あたり800円)に必ず加入してください。
応募要項
  • 1回のプログラムにつき最低10名〜40名程度の参加でお願いします。なお、1団体につき複数のプログラム(時間差または2日間に渡っての複数の幼稚園や小学校にて開催など)も可能な限り対応します。
  • これまで野球をやったことのない子供たちに、野球の楽しさを伝えるのが本スクールの特徴です。したがって、ジュニアプログラムは、野球チームに所属していない小学生が参加者の半数以上となる団体がお申込みできます。
  • 開催当日は、引率の方も含め、数名の方にお手伝いいただきますのでご協力ください。
  • TVや新聞などメディアの取材が入る場合がありますので、予めご了承ください。
  • 当社は、本企画の運営主体である株式会社トリプルエスより業務委託を受けて募集を行っております。
    株式会社トリプルエスの詳細はこちら

    お申込みフォームはこちら

    これまでの活動報告・メディア掲載

    マネースクウェア・ジャパンのCSR

    マネースクウェア・ジャパンは、よりよい社会の実現に貢献すべく、様々な活動を通じて各分野における人々のリテラシーの向上とその分野の振興をサポートしています。

    マネースクウェア・ジャパンのCSR活動

    ページトップへ