ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアポリシー

株式会社マネースクウェア・ジャパン(以下、「当社」といいます)は、ソーシャルメディアポリシー(以下、「本ポリシー」といいます)を設け、当社役職員におけるソーシャルメディア上の行動の指針とします。
当社を取り巻くメディア環境は刻々と変化をしています。特にインターネット上においては、不特定多数のユーザーが情報にアクセス可能であり、相互に情報を発信しあっています。本ポリシーは、インターネットを前提とした、誰もが参加でき、相互に影響しながら広がっていくことを特徴とするメディア、いわゆる「ソーシャルメディア」上で行われる自由な対話や意見の交換を尊重し、その特性と価値を理解し活用していくことをその目的とします。

1.各種法令等を遵守します。

当社は、ソーシャルメディア上で情報を発信するにあたって、当社が定める「コンプライアンス・ポリシー」および「プライバシーポリシー」に則り、法令を遵守して行動します。

2.正確な内容を伝えます。

当社は、インターネット上の情報は一度公開されると恒久的に残る可能性があることを前提に、伝聞や推測に頼らず、正確な情報を発信することに努めます。

3.誠実に対応します。

当社は、ソーシャルメディア上のユーザー一人ひとりがそれぞれの背景や事情を持っていることを認識し、ユーザーからのメッセージを傾聴する姿勢をもって対応します。また万が一、誤解を生じさせる事態などが発生した場合は、事情を隠蔽することなく冷静かつ誠実な態度で対応するよう努めます。

4.心地のよいコミュニケーションを実行します。

当社は、ユーザーと心地のよいコミュニケーションを行い、当社の企業イメージやブランドをユーザーと共に構築することを目指します。

5.投稿すべきか判断しかねる際は慎重に対応します。

当社は、投稿しようとしている情報が本ポリシーに定める規範に対して適切かどうかの判断に迷う場合は、責任者に速やかに確認のうえ対応します。

6.記録を保存します。

当社は、投稿や会話の記録(ログ)を保存し、責任者が常に縦覧できる環境を構築します。

7.企業を代表していることを自覚します。

当社役職員は、業務上で知り得る情報を一切記述しないことは勿論、企業を代表して発言することの影響の大きさを、常に自覚して行動します。また、当社の公式見解等を理解した上で、情報を発信することに努めます。

公式アカウントに関するご注意事項

当社が運営する公式アカウントにおいて、役職員等が発信する情報は、必ずしも当社の公式発表・見解をあらわすものではありません。公式な発表・見解の発信は、当社ウェブサイト上の告知およびプレスリリースなどをご確認ください。本ポリシーはソーシャルメディア上で当社が発信するすべての情報について、その正確性・最新性・完全性を保証するものではありません。また、ソーシャルメディア上で当社宛てに発信されるすべての情報に対して、返信などのアクションを行うことを保証するものではありません。

平成26年10月1日
株式会社マネースクウェア・ジャパン

個人としてソーシャルメディアに参加する際のガイドライン

株式会社マネースクウェア・ジャパン(以下、「当社」といいます)では、役職員等が個人のアカウントを用い、ソーシャルメディアに参加することを尊重しています。以下にその際の姿勢について記します。

1.誠実に対応すること。

役職員等は、「ソーシャルメディアポリシー」同様、ソーシャルメディア上で求められる誠実さをしっかりと認識し、行動します。

2.企業人としての常識を逸脱しないこと。

役職員等は、業務上で知りえる情報を一切記述しないことは勿論、企業人としての行動を意識し、当社の公式見解等を理解した上で情報を発信することに努めます。ソーシャルメディア上では、公私に関わる記述が同時になされ、それらの境界が必ずしも明確ではありません。実名SNSなど所属を明らかにした際には、同僚や上長、その他関係各者がそれらのコンテンツにアクセスできることを自覚する必要があります。必要に応じて、「あくまでも個人としての見解や意見であり、必ずしも当社の見解ではないこと」を明確にします。(免責文の例:「このアカウントの掲載内容は私個人の見解・見識であり、所属する団体・企業の意見を代表するものではありません。」)

3.自身が及ぼす影響を自覚すること。

役職員等は、所属する企業に関わる文脈において発された言動について、その最終的な責任は当社が負うことを認識します。ソーシャルメディア上では、ユーザー一人ひとりが「メディア」であり「コンテンツ」となることを前提に、その一挙手一投足が及ぼす影響を自覚し、行動します。

平成26年10月1日
株式会社マネースクウェア・ジャパン

ページトップへ