トルコ国民投票および仏大統領選挙に伴う相場急変の可能性について

平成29年4月13日


お客様各位
株式会社マネースクウェア・ジャパン


トルコ国民投票および仏大統領選挙に伴う相場急変の可能性について


平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、4月16日(日)にトルコで予定されております憲法改正の是非を問う国民投票、および、4月23日(日)に予定されておりますフランス大統領選挙の第1回投票に伴い、TRY/JPYをはじめ、EUR/USD、EUR/JPYを中心として、流動性低下による為替相場の急変動やスプレッドが拡大する可能性がございます。

また、週初の取引開始時は、週末の終値から大きくかい離して始まる場合もございますので、ポジションをお持ちのお客様におかれましては、お取引口座の管理につきまして、予めポジションを縮小する、あるいは事前に十分な証拠金をご入金いただく等、急激な相場変動にお備えくださいますよう、お願い申し上げます。

今後ともマネースクウェア・ジャパンをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


本件につきまして、ご不明な点などございましたら当社カスタマーデスクまでお問い合わせください。

カスタマーデスク
0120-455-512(FX) (9:00〜22:00 土日を除く)
0120-455-305(株価指数CFD) (9:00〜17:00 土日を除く)



以上


ページトップへ