利益相反管理方針

株式会社マネースクウェア・ジャパン(以下「当社」といいます。)は、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引(以下、「対象取引」といいます。)を類型化し、お客様の利益が対象取引によって不当に害されることのないように管理するための基本方針を以下のとおり策定します。

1.対象取引の特定及び類型

当社は、対象取引を以下のとおり特定及び類型化します。

お客様と当社または当社グループ会社の利益が対立する場合 複数のお客様間の利益が対立する場合
利害対立型 お客様と当社または当社グループ会社との利益が対立する取引 お客様と当社または当社グループ会社の他のお客様との利益が対立する取引
競合取引型 お客様と当社または当社グループ会社が同一の対象に対して競合することになる取引 お客様と当社または当社グループ会社の他のお客様が同一の対象に対して競合することになる取引
その他
  • 当社がお客様との取引を通じて入手した情報を利用して、当社または当社グループ会社が利益を得ることになる取引
  • 当社がお客様との関係を通じて入手した情報を利用して、当社または当社グループ会社の他のお客様が利益を得ることになる取引

2.対象取引の管理方法

当社は、原則として以下の方法またはその組み合わせにより、対象取引を管理いたします。

  1. 対象取引を行う部署と対象取引によって利益が不当に害されるおそれのあるお客様との取引を行う部署を分離する方法
  2. 対象取引または対象取引によって利益が不当に害されるおそれのあるお客様との取引の条件もしくは方法を変更し、または中止する方法
  3. 対象取引に伴い、お客様の利益が不当に害されるおそれがあることについて、当該お客様に適切に開示する方法
  4. その他対象取引を適切に管理するための方法

3.対象取引の管理体制

当社は、利益相反のおそれのある取引を特定し、利益相反管理に関する全体的な管理体制を統括するための部署(利益相反管理統括部署)を業務管理本部とし、利益相反管理統括責任者を業務管理本部長とします。

4.管理対象となるグループ会社

  1. 株式会社マネースクウェアHD
  2. 株式会社M2・インベストメント・アドバイザリー
  3. MONEY SQUARE INTERNATIONAL, INC.
  4. MONEY SQUARE EUROPE LIMITED

以上
2015.12.07
株式会社マネースクウェア・ジャパン

ページトップへ