FXとは

FXとは外国為替証拠金取引のこと

FXとは、Foreign eXchange の略で、直訳すれば“外国為替”の意味。
しかし日本でFXと言えば、一般的には1998年に誕生した「外国為替証拠金取引」を指す言葉として使われています。

ところで、そもそも外国為替とは、いったい何のことなのでしょうか。

外国為替とは通貨と通貨を交換すること

ドル、ユーロ、円、ポンド、など・・・
世界には実に100種類以上もの通貨があります。

そして2国間で通貨と通貨の交換をすること、これが外国為替と呼ばれるものです。

たとえばアメリカに旅行をするとき、円をドルに交換する必要がありますよね。
これも立派な外国為替取引です。
またその際には都度、交換するためのレートが提示されます。

外国為替(FX)レート

通貨ペア bid ask
USD/JPY
EUR/JPY
EUR/USD

これが外国為替取引レート(以下、レート)と呼ばれるものです。
そしてこのようなレートの変動や外国為替の仕組みを利用することで、利益を上げることを目的とした取引がFX(外国為替証拠金取引)なのです。



次のステップ「円高?円安?」を見る >>


「FXアカデミア」で『為替取引』を知る

当社提供番組「FXアカデミア」とは?

この番組では為替に関する知識から株式投資とFXとの違いなどを学びながら、FXの基本的な仕組みを投資初心者にもわかりやすく丁寧にお伝えします。
「FXのことがよくわからない」「FXを始めてみたい」「FXについてイチから学びたい」という方には必見の番組です!

「FXアカデミア」過去の放映内容はこちら

FX取引をご検討の方へ
M2JFXで「資産運用としてのFX」をはじめませんか?ポイントプログラム、キャンペーンなど特典も盛りだくさんです。
ページトップへ