ご挨拶

資産運用を通してNIPPONを裕福にする。

これが私たちマネースクウェアが目指すビジョンです。

8674万人。これは、内閣府が発表した2060年の日本の人口の推計値です。資源に乏しいこの国を支え続けてきた労働者人口は減少し続けており、2060年にはもっとも多い年齢層は86歳になるともいわれています。必ずしも明るくはない未来の姿に向き合わなければならないのが私たちの現状です。

そんな私たちがいま誇れるもの、これからこの国に成長をもたらす新しいエンジンこそが「資産運用のテクノロジー」であると私たちは考えています。

超高齢化が現実化したその日を迎えても、1750兆円といわれる個人の金融資産をICTの力を使ってこの国の成長の資源として、この国に生きる人々が健やかに生きられる社会を私たちは目指しています。
それは、資産運用を通して日本がまた新しい成長軌道を描くことができれば、ふたたび世界に誇れる
“NIPPON”を目指していけると私たちが信じているからに他なりません。

この信念のもと、私たちは創業時より一貫して進めてまいりました「資産運用としてのFX・CFD」をこれまで以上に推進するため、全世界6大陸、20か国、35の拠点を持ち、運用規模18兆円を誇るオルタナティブ運用会社である米カーライル・グループと資本業務提携を実施いたしました。これまでの当社グループに蓄積された資産運用のノウハウに加え、カーライル・グループのグローバルな視点でのテクノロジー、アイデア、ノウハウをもって新生マネースクウェアグループを運営してまいります。そして、よりお客様のニーズに合った利便性の高い運用商品・サービスを提供する『アセットマネジメント・テクノロジー会社』への成長を目指していく所存です。
今後の新生マネースクウェアグループにご期待ください。

 

株式会社マネースクウェア・ジャパン
代表取締役社長 相葉 斉

ページトップへ