トラリピのよくある問い合わせ

逆指値のトラリピ

Q.トラップリピートイフダン注文で、逆指値が選択できません。 ▼開く

M2J株価指数CFDでは、指値のトラリピのみご利用いただけます。

取引所取引であるM2J株価指数CFDには自動取消機能ならびに再設定機能がございません。そのため窓開け時など、逆指値注文が発注時のレートと比べて「不利」に成立するおそれがあります。これによるお客さまの損失を防ぐため、トラップリピートイフダン、トラップトレード、トラップIFD、RIFDの4つの発注管理機能において、逆指値の注文はご利用いただけません。

トラップ本数

Q.トラップ本数を26本以上で注文できません。26本以上仕掛けるにはどうすればよいですか。 ▼開く

複数回に分けてトラップリピートイフダンを発注してください。

トラップリピートイフダン、トラップトレード、トラップIFDの3つの発注管理機能では、誤発注防止の観点から、一度の発注本数の上限を25本としております。26本以上のトラップをご希望の場合、お手数ですが複数回に分けてご注文ください。

ストップロス設定

Q.トラップ系注文のトラップ1本ごとに、それぞれ別のストップロス価格を設定できますか? ▼開く

新規注文時、ストップロス価格のご指定はひとつのみご指定ください。

ただし、ストップロス設定付きの注文は、新規注文の成立前であれば個別に注文変更いただけます。それぞれ別のストップロス価格をご希望の場合、お手数ですが個別に注文変更をご利用ください。

トラリピの変更

Q.トラップリピートイフダン、トラップトレード、トラップIFD、RIFDの注文変更できる項目はどれですか? ▼開く

それぞれの注文ごとに、指定価格を変更いただけます。

ただし、ストップロス設定付きの注文の場合、新規注文成立後、ポジションを保有してから決済するまで変更不可となり、注文取消のみの取り扱いとなります。また、注文取消後、改めて決済注文を入力することで指定価格や執行条件を変更いただくことができます。

トラリピの決済

Q.ポジションを決済したいのですが、決済注文ボタンが押せないポジションがあります。なぜですか。 ▼開く

決済注文が既に指定されています。注文取消のうえ、決済を指定いただけます。

トラリピによるポジションなど、決済注文が指定されているポジションに対して決済注文を重複して入力することはできません。改めて決済注文を入力したい場合は、ポジション一覧の下段に表示される決済注文を注文取消のうえ、改めて決済注文をご入力ください。

発注の上限枚数

Q.トラリピの発注数量を2枚以上に設定すると発注できません。なぜですか。 ▼開く

リスク管理、誤発注への注意喚起のため制限を設けております。

トラップリピートイフダン、トラップトレード、トラップIFD、RIFDの4つの発注管理機能には、一度の注文で複数の指値を発注したり、注文がリピートする特徴があります。そのため、通常の注文以上にリスク管理や誤発注に注意が必要となりますので、発注数量を「1枚」に制限しております。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクウェア・ジャパンはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
取引ツールダウンロード M2J株価指数CFDには『PC用取引ツール』が必要です。こちらからダウンロードいただけます。 トレードツールダウンロード
ページトップへ