テクニカルマスター福永博之のチャート de 日経225

チャート分析のエキスパート福永氏が日経225の値動きを徹底分析!

2017/03/01 15:001月5日の高値を更新できるかが上昇トレンド発生のポイント

前月号で「上向きの+σ上を維持できるかが注目ポイントだ。なぜなら、上向きの+1σ上を維持できずに割り込むようだと、短期的な下降トレンドが発生して26週移動平均線まで下落が続くことが考えられ注意が必要だからだ」としたが、2月19日の週に上値を押さえられて上ヒゲを形成し、+1σを下回って終えたものの、2月26日の週に下ヒゲ陽線を形成(3月2日午前中現在)して再び上向きの+1σを上回って推移しているのが分かる。こうなると、一旦下落に傾きかけた動きの反動から買い戻しや、新規の買いが入って上昇トレンドの継続が期待されるところだ。

1月5日の高値を更新できるかが上昇トレンド発生のポイント(PDF)

ウィークリーレポート(毎週火曜日更新)は当社にてお取引中の
お客様のみお読みいただけます

口座解説はこちらから(無料)

筆者プロフィール

プロフィール写真
福永 博之株式会社インベストラスト代表取締役
国際テクニカルアナリスト連盟 国際検定テクニカルアナリスト
勧角証券(現みずほ証券)を経て、DLJdirectSFG証券(現楽天証券)に入社。同社経済研究所チーフストラテジストを経て、現在、投資教育サイト「itrust(アイトラスト)」の総監修とセミナー講師を務めるほか、大前研一氏のビジネス・ブレイクスルー大学資産形成力養成講座の講師を務める。またテクニカル指標の特許「注意喚起シグナル」を取得しており会員向けにサービスとして提供中。テレビ、ラジオでは、日経CNBC「朝エクスプレス」、テレビ東京「モーニングサテライト」、TokyoMX「東京マーケットワイド」、ラジオ日経「ウイークエンド株」、「スマートトレーダーPLUS」などの番組にレギュラー出演中。また、四季報オンラインやダイヤモンドZAIなどのマネー雑誌にも連載を持つ。近著に、ど素人が読める株価チャートの本(翔泳社)、新取引ルール対応 信用取引の基本と儲け方ズバリ!(すばる舎)、FX一目均衡表ベーシックマス(ダイヤモンド社)のほか、監修を務めるInvestors Handbook 株式手帳(4月始まり)2016(エイチスクエア)など多数。

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「テクニカルマスター福永博之のチャート de 日経225」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクウェア・ジャパンはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ