ロスカットルール

M2J株価指数CFD(くりっく株365)では、少ない証拠金で最大その数十倍の取引を行うことができる証拠金取引の性質上、急激な価格変動によって元本以上の損失が発生する可能性があります。
そのため、お客さまのリスク管理に資するべく、以下のロスカット制度を設けております。

M2J株価指数CFDのロスカット

ロスカット制度とは、下記ロスカット判定基準に基づきロスカットと判定された場合、それ以上の損失拡大を防ぐために、速やかに付合せ時間内の商品の保有ポジション全てを強制的に決済し、損失額を確定させる制度です。

ロスカット判定

  1. ロスカット判定は、付合せ時間中リアルタイムに有効比率(※)により行います。
  2. 判定時点に有効比率が100%を下回っていた場合、ロスカットが執行されます。
  3. ロスカットの執行により、付合せ時間内の商品に関して、全注文を取消の上、全ポジションのロスカット(強制決済)注文が発注されます。
    ※付合せ時間外の商品の保有ポジションはロスカット執行の対象外です。付合せ開始時刻以降のロスカット判定で別途判定します。
  4. ロスカット執行後、ただちに『ロスカットメール』にて通知いたします。

※有効比率・・・有効証拠金額÷必要証拠金額で計算される割合。この数値が大きいほど口座内の余力が大きいことを表します。また、付合せ時間外の商品の保有状況も計算に含みます。

ロスカットのイメージ図

M2J株価指数CFDのロスカット・アラート機能

ロスカットに対するアラート機能といたしまして、下記2種類のアラートメールを設けております。
有効比率は、「追加入金」もしくは「ポジション決済」によって任意に回復を図ることができます。

ロスカットアラートメール

一定間隔の有効比率算出時点において、有効比率が「200%未満」となった場合に「ロスカットアラートメール」が指定の電子メールアドレス宛に送信されます。なお、ロスカットアラートメールは有効比率がアラート復旧基準250%を回復するごとに1度限りの送信となります。

※有効比率が250%を回復しない限り、営業日が変わった場合でも再送されません。また、アラート復旧後、再び200%未満となった場合は、同営業日であっても複数回送信されます。

アラートメール

定期的な有効比率算出時点において、有効比率が「アラート基準(お客さまが任意に指定)未満」となった場合に「アラートメール」が指定の電子メールアドレス宛に送信されます。なお、アラートメールは設定の都度1度限りの送信となります。

※アラート基準はM2J株価指数CFDPC用取引ツールの設定「通知メール設定・メール変更」から指定いただけます。

注意点

  • ロスカット制度は損失の限定を保証するものではなく相場環境によってはお預り資金以上の損失が発生する場合があります。
  • ロスカット判定はリアルタイムに行っておりますが、計算中または再計算までに相場環境が急変した場合、損失が膨らむ場合があります。
  • ロスカット注文は指定決済の成行で発注されるため、ポジション毎に成立時間や成立値が異なる場合があります。
  • 取引所株価指数証拠金取引において導入されている制限値幅により、通常通りロスカットが行えず、想定外のマイナスが発生する可能性があります。
  • ご入金いただいた資金は証拠金預託額への反映をもって取引証拠金として扱われるため、銀行などの処理により入金反映が間に合わず、ロスカットが執行される場合があります。
株価指数CFDをご検討の方へ マネースクウェア・ジャパンはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
取引ツールダウンロード M2J株価指数CFDには『PC用取引ツール』が必要です。こちらからダウンロードいただけます。 トレードツールダウンロード
ページトップへ