必要証拠金額

M2J株価指数CFDにおける、必要証拠金額は以下の通りです。

適用期間 2017/06/19〜2017/06/23 2017/06/26〜2017/06/30
日経225証拠金取引 50,270円 50,000円
NYダウ証拠金取引 40,000円 40,000円
DAX®証拠金取引 31,730円 32,090円
FTSE100証拠金取引 20,050円 20,180円

過去の必要証拠金額(1枚あたり)はこちら (CSV) icon

必要証拠金額の算出ルール

M2J株価指数CFDでは、お客さまに不足金が発生してしまうリスクを最大限回避するため、下記のいずれか大きい方の金額を必要証拠金額(1枚あたり)として採用しています。

【A】と【B】のいずれか大きい金額を採用
【A】最低証拠金額 【B】差額証拠金額
日経225証拠金取引50,000円 東京金融取引所の算出する
証拠金基準額 icon
 に
10,000円を加えた金額
NYダウ証拠金取引40,000円
DAX®証拠金取引30,000円
FTSE100証拠金取引20,000円

必要証拠金額の適用ルール

必要証拠金額(1枚あたり)は、毎週最初の取引日に算出、公表の上、翌週の取引に適用されます。
なお、変更後の必要証拠金額(1枚あたり)は、新規ポジションに適用されるだけでなく、変更前から保有しているポジションおよび発注証拠金額にも適用されます。

必要証拠金額(1枚あたり)の変更により、有効比率が悪化しロスカットとなる可能性があります。
日頃より十分な余裕を持った運用にご留意ください。

預託証拠金の保護

概要

M2J株価指数CFDでは、お預りした証拠金およびお取引により生じた損益を含む、お客さまのすべての資金は、東京金融取引所に直接預託され、法令に基づき分別管理されます。
お客さまが当社指定の銀行口座にご入金いただいた証拠金のうち、当社から取引所への送金が翌営業日となる証拠金につきましても、法令に基づき信託口座にて分別管理されるため、当社が万が一破綻した場合でもお預かりした資金は原則全額返還されます。

特徴

当社が万が一破たんしても、金融取に預託された証拠金は原則的に全額保護されます。

イメージ画像

※仮にお客様にご入金いただいてから分別管理するまでの間に当社が破綻した場合においても、日本投資者保護基金に加入しているため、分別管理されなかったご入金についてはお客様1人当たり1,000万円まで補償されています。

 

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクウェア・ジャパンはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ