はじめての株価指数CFD

株価指数が取引対象 分散投資と同等の効果あり

日経225のほか、NYダウなど海外の株価指数も

M2J株価指数CFDの取引対象は、株式投資のような個別銘柄ではなく、市場を代表する銘柄で構成される株価指数です。 日本を代表する株価指数である「日経225」のほか、世界の主な株価指数である米国の「NYダウ」、ドイツの「DAX®」、イギリスの「FTSE100」といった海外の株価指数を対象とした取引もできます。

日経225 日本を代表する株価指数。
東証一部に上場している代表的な225銘柄で構成されている。ニュースなどでもおなじみの指数で、日本経済の動向を反映する重要な指標のひとつ。
NYダウ 世界で最も有名な株価指数。米国を代表する主要業種の代表的な優良企業30銘柄で構成されている。
DAX® 世界第4位の経済大国、ドイツの株価指数。フランクフルト証券取引所の上場銘柄のうち、ドイツ企業の優良30銘柄からなる。化学、工業の比率が高く、輸出への依存度が高いのが特徴。
FTSE100 ロンドン証券取引所に上場する、時価総額の上位100銘柄で構成される株価指数。金融関連やメジャーと呼ばれる資源関連の銘柄数が多いのが特徴。

インデックス投資でリスク分散

投資の格言に「卵は一つのカゴに盛るな」というものがあります。これは、特定の商品だけに投資するのではなく、複数の商品に投資を行いリスクを分散させた方が良いという銘柄分散の考え方で、多くの銘柄に投資をすることでリスクとリターンの関係が安定するという効果を持っています。

そして、株価指数を取引することは指数を構成する銘柄への分散投資と同等の効果を持つことになります。例えば日経225の場合、225種もの銘柄への分散投資効果があります。この効果を狙い特定のインデックスと連動した値動きを目指す投資手法はインデックス投資と呼ばれ、特に長期投資に向いているとされます。

リスク分散硬貨 小 単一銘柄への投資 複数銘柄への投資 インデックス投資(M2J株価指数CFD) リスク分散効果 大

円貨での取引だから 為替リスクを気にする必要なし

外国株式などの海外投資では、一般的に、原資となる日本円を現地通貨に交換する必要があるため、為替の変動リスクを考慮する必要があります。また、為替手数料もかかります。

M2J株価指数CFDは、海外の各株価指数も円貨で取引することができるため、為替リスクを気にすることなく、指数の動きそのものに集中することができます。

そのため、海外投資がはじめての方でも取引しやすいという特徴があります。

※マーケットメイカーが為替リスクを勘案して呼び値を提示するため、為替状況によってはスプレッドが拡大し想定していた価格で取引ができない等のリスクが生じる可能性があります。

「売り」からも入れるので相場の下落局面も取引機会に

株式投資は、一般的に「買い」から始めることしかできません。この場合、相場が上昇していく局面では利益を狙いにいけるものの下落局面では利益を上げるのが難しくなりますが、M2J株価指数CFDでは相場の下落局面でも利益を狙うことが可能です。

相場が下落すると予想した場合は「売り」から入り、売った金額よりも安く買い戻すことができれば利益が出ます。(逆に、売った金額よりも高く買い戻した場合は損失が出ます。)

また、現物株を保有している場合、下落時にはヘッジとして活用することもできます。

相場が下落すると予想した場合

相場が予想と反して高騰した場合

配当相当額、金利相当額が受け取れる

買いポジションを保有している場合、株価指数の構成銘柄に配当があれば、その都度、株価指数ベースでの配当相当額が付与されます。(売りポジションの場合は同額を支払います。)
※権利付最終日の翌取引日に付与されます。

また、売りポジションを保有している場合は金利相当額の受け取り、買いポジションを保有している場合は金利相当額の支払いが発生します。金利相当額はポジションを翌取引日に持ち越すことで発生し、発生時点からポジションの評価額に加味されます。

「実際の過去の配当相当額/金利相当額」はこちら

※DAX®は、配当込み指数のため配当相当額は発生しません。

ほぼ24時間 祝日も取引できる

海外市場の急変にもタイミングを逃さない

日経225、NYダウは、土日を除いた午前8時半から翌朝午前6時(サマータイムは午前5時)までのほぼ24時間、取引が可能です。そのため、平日でも帰宅後にじっくり取引することができます。

日本の現物株は午前9時から午後3時、大阪取引所の日経225先物でも午前9時から翌朝の午前3時までです。そのため、取引時間外に大きなニュースがあり海外市場が急変した場合など、即座に対応できないこともあります。

しかし、M2J株価指数CFDの日経225は午前6時まで取引できますので、株式市場が前日の価格からかい離してスタートするいわゆる「窓開け」となった場合でも、取引できない時間が短い分、タイミングを逃す可能性が低くなります。

「取引時間」を詳しく見る

M2J株価指数CFD 取引時間早見表

祝日でも取引可能

日本が祝日でも、海外相場は時々刻々と変動します。

特に、海外で重要な経済指標が発表されたようなときには、相場が大きく動く場合があります。

M2J株価指数CFDでは、海外の株価指数はもちろん、日経225も日本が祝日でも取引できるので、このような相場の動きにも臨機応変に対応することができます。

レバレッジ取引だから少額の資金でも取引を始められる

例えば、8万円の証拠金預け入れで200万円分の取引が可能

M2J株価指数CFDでは、少額の資金だけで、元本の何倍もの大きな金額を運用できます。これは、レバレッジ(leverage=テコの原理)取引と呼ばれ、元本を上回る取引によって大きな利益を生み出すことが可能となります。ただし、逆に大きな損失が発生する可能性もありますので、レバレッジの使い方には注意が必要です。

M2J株価指数CFDの最小単位(1枚)の取引は「株価指数×100円」。

例えば、日経225証拠金取引の場合、提示されている価格が2万円なら200万円分の取引となります。

必要証拠金額が8万円の場合であれば、8万円の資金で株価指数×100円、つまり200万円分の取引を行うことができます。このケースのレバレッジは25倍という事になります。

必要証拠金額(1枚あたり)は、毎週最初の取引日に算出、公表の上、翌週の取引に適用されます。
最新の1枚あたりの必要証拠金額はこちら

投資スタイルに応じたリスク度合を選択できる

8万円の資金だけで200万円分の取引をすれば、ハイリターンが期待できるだけではなく、当然ながらハイリスクな取引となります。

レバレッジ取引では、「資金に対して過度な取引をしない」ということが大切になります。

先の例で、1枚(200万円)の取引に対して、10万円を入金すれば実質的なレバレッジは20倍、20万円なら10倍、50万円なら4倍、100万円なら2倍となります。このように、資金を増やしてレバレッジの程度をコントロールすることで、投資スタイルに応じたリスク度合を選択できることになります。

決済期限がないので長期保有も可能

期限を気にせずじっくり投資

取引期限がある先物取引の場合、流動性の比較的高い期近、期先の取引なら、長くても約6カ月以内に決済をしなければなりません。そして、取引期限を迎えれば、損失が出る場合でも自動的に決済されてしまいます。

M2J株価指数CFDでは、ポジションを持ってから決済するまでの取引期限の制限がありません。

「いつまでに決済しなければならない」というプレッシャーを感じることなく、じっくりと投資できる点もM2J株価指数CFDの魅力であり、インカムゲイン(配当収益)目的など長期保有を目的とする投資家のニーズにも応えられます。

証拠金は取引所が全額保護するから安心

M2J株価指数CFDは、お客様からお預りした証拠金の全額を、法令により東京金融取引所に預託しています。

東京金融取引所は預託された証拠金の全額を、取引所の財産とは明確に分別して管理します。

万一、当社が破たんするようなことがあっても、東京金融取引所に預託された証拠金は原則的に全額保護されます。

資産運用に新しい可能性を。

マネースクウェア・ジャパン(M2J)はFX業界において「資産運用としてのFX」を謳い、投機的な取引からの脱却を提唱してまいりました。

M2Jが考える資産運用において、長期投資というキーワードは欠かせない要素のひとつです。

長く続けられる資産運用を提供するため、M2JはFX市場において長期投資に向いたツールや戦略を磨いてきました。

そんなマネースクウェア・ジャパンの投資哲学を株式市場において実現した「M2J株価指数CFD」は、皆さまの資産運用に新しい可能性を提供いたします。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクウェア・ジャパンはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
取引ツールダウンロード M2J株価指数CFDには『PC用取引ツール』が必要です。こちらからダウンロードいただけます。 トレードツールダウンロード
ページトップへ